~海外旅行お役立ち情報と旅の記録~

自由に生きる旅好き29歳が、旅の模様や世界の旅行情報をお届けします。皆さんにもっと気軽に安心して旅行に行って貰えるように情報発信しているサイトです!

海外旅行記 , ,

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~5日目 1日+夕日ツアーに参加

   

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~5日目 1日+夕日ツアーに参加

今回は、まる一日ウユニ塩湖を楽しむことができるツアーに参加したのでその模様をご紹介します。

2019年4月、ついにボリビアのウユニ塩湖に行ってきました。皆さんも一度は行ってみたいと思う所ではないでしょうか。
しかし、南米ということもあり、費用や治安、行き方など不安が多いと思います。
私は、航空券やホテルなどをツアー参加では無く、全て個人て手配をして行ってきました。
皆さんにもぜひ一度は行ってもらいたい場所なので、費用や治安、行き方など私の旅行記と共にご紹介していきます。
ウユニ塩湖の行き方などご質問などあれば答えられる範囲でお答えしますので、メールInstagramのDMからご連絡ください。

目次

1.【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。の他のシリーズ
2.旅程・日程
3.1日+夕日ツアーの日程と内容
4.列車の墓場を観光(Train Cemetery)
5.コルチャニ村のマーケットを観光(Colchani Market)
6.塩湖の目を鑑賞(Ojos del Salar)
7.白い大地の乾燥したウユニ塩湖を鑑賞
8.塩のホテルでランチ(Plaza de las Banderas Uyuni)
9.鏡張りのウユニ塩湖で写真遊び

1.【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。の他のシリーズ

・1日目 アメリカ入国ニューヨーク
・2日目 マイアミ/Ultra Miami
・3日目 ボリビア サンタクルス到着
・4日目 ラパスからウユニ到着
・4日目 ウユニ空港からタクシー
・4日目 ウユニでSIMカード購入
・4日目 穂高で現地ツアーの申込み
・4日目 夕日+星空ツアーに参加
・5日目 1日+夕日ツアーに参加
・6日目 星空+日の出ツアーに参加
・7日目 4000mの都市ラパスを観光

2.旅程・日程

ではまず、どのような旅程だったかを振り返ります。今回は、このうちの5日目です。

日程 2019年3月下旬~4月上旬
1日目
2019/3/29
✈シンガポールから成田(ANA NH802)
✈成田からニューヨーク(ANA NH10)
🏨ニューヨーク泊
2日目
2019/3/30
✈ニューヨークからマイアミ(アメリカン航空 AA970)
📷マイアミ観光
📷Ultra Music Festival マイアミ
🏨マイアミ泊
3日目
2019/3/31
✈マイアミからパナマ(コパ航空 CM440)
✈パナマからボリビア サンタクルス(コパ航空 CM127)
🏨サンタクルス泊
4日目
2019/4/1
✈サンタクルスからラパス(ボリビアーナ OB661)
✈ラパスからウユニ(ボリビアーナ OB302)
📷ウユニ塩湖サンセット&星空ツアー参加
🏨ウユニ泊
5日目
2019/4/2
📷ウユニ塩湖ワンデイツアー参加
🏨ウユニ泊
6日目
2019/4/3
📷ウユニ塩湖夜空&サンライズツアー参加
📷ウユニの街観光
🏨ウユニ泊
7日目
2019/4/4
✈ウユニからラパス(アマゾナス Z8 301)
📷ラパス 月の谷観光
📷ラパス市内観光
🏨ラパス空港泊
8日目
2019/4/5
✈ラパスからコロンビア ボゴタ(アビアンカ AV246)
✈ボゴタからニューヨーク(アビアンカ AV244)
🏨ニューヨーク泊
9日目
2019/4/6
📷ニューヨーク マンハッタン観光
🏨ニューヨーク観光
10日目
2019/4/7
✈ニューヨークか成田(ANA NH9)
🏨機内泊
11日目
2019/4/8
✈成田からシンガポール(ANA NH801)
🏨自宅到着

引用元:【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~1日目アメリカ入国ニューヨーク

3.1日+夕日ツアーの日程と内容

このツアーの内容はこのようになります。

内容 詳細
列車の墓場を観光(Train Cemetery) ウユニの町の近くにある、使われなくなった列車が放置された場所で、独特の雰囲気とアスレチック要素のある観光スポットです。
普段は絶対に上がれない列車の煙突に登ったり、運転室に入ったりしてインスタ映えの写真を撮ることができます。
コルチャニ村のマーケットを観光(Colchani Market) ウユニ塩湖の最も近くにある町で、ウユニ塩湖に訪れる人が必ず立ち寄る村です。
お土産をはじめ、食べ物や飲み物を売っているマーケットがあります。
ウユニ塩湖のお土産はここで買うのもありです!
塩湖の目を鑑賞(Ojos del Salar) 塩水が地下から湧き出ているので、塩湖の目といわれています。アンデス山脈からやってきた地下水や雨水が湧き出ているそうです。
白い大地の乾燥したウユニ塩湖を鑑賞 4月頭は鏡張りと乾燥したウユニ塩湖の両方を鑑賞できます。まずは360度白い大地のウユニ塩湖を鑑賞します。個性的なアイテムを使ってオリジナルのトリックアートを撮りましょう!
塩のホテルでランチ(Plaza de las Banderas Uyuni) ウユニ塩湖の真ん中にある塩でできたホテルでランチを取ります。ランチといってもピクニック形式で、穂高が用意してくれたご飯を塩のホテル内で堪能します!
鏡張りのウユニ塩湖で写真遊び 4月頭は鏡張りと乾燥したウユニ塩湖の両方を鑑賞できます。午後は水が張った鏡張りのスポットに移動します。鏡張りだからこそできるトリックアートの写真をドライバーに撮ってもらいましょう!
鏡張りのウユニ塩湖で夕日を鑑賞 最後は、何度見ても感動するウユニ塩湖の夕日を鑑賞します。本当に人生で最高の夕日と言っても過言ではない夕日をみることができるので、死ぬまでには見ないと死にきれません!笑

4.列車の墓場を観光(Train Cemetery)

さて、今日は1日中ウユニ塩湖を堪能するツアーに参加します!
昨日まで飛行機の遅延やらで寝れず、久々にちゃんと寝ることができましたが、高山病のせいで朝起きると、頭痛がしました。
ひどい人は吐き気や下痢、高熱などの症状を発症しますが、薬を飲んでいたので、そこまでひどくはなりませんでした。

朝10:30になるとホテルに穂高ツアーの迎えが来ました。昨日同様、特に遅れることなどなく迎えに来ました。
車は昨日と同じ7人乗りのランドクルーザーですが、ドライバーは別の人でした。
日本語は喋れず、英語を少し喋れる感じです。

出発したら、長靴を借りに行きます。場所は昨日と同じです。トイレに行っておきましょう。
詳細は昨日のこちらの記事で紹介しています。
【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~4日目 夕日+星空ツアーに参加 | 3.長靴を借りる

日本語名称:列車の墓場
英語名称:Train Cemetery
現地名称:Cementerio de trenes
・列車の墓場の滞在時間

1時間

・列車の墓場の場所

長靴を借りたらまずは列車の墓場の観光に向かいます。

列車の墓場は、ウユニの町から車で10分くらいの所にあります。

・列車の墓場の様子

すぐに到着です。

沢山の使われなくなった列車が放置されており、錆てまさに墓場になっています。

列車には乗ることができます!

このように色々な列車があるので、様々なポーズで写真を撮って楽しむことができます。

私は子供の頃に戻ったかのように高い所に上がって楽しみました。

他にも大地を感じられる塀もあり、ここからウユニといった感じの目印になっているのではと思います。

また、近くには実際に使われている列車の線路もあります。

1時間ほど列車の墓場を堪能し、車に戻りました。

5.コルチャニ村のマーケットを観光(Colchani Market)

次は、車をウユニ塩湖の方向に走らせコルチャニ村のマーケットに向かいます。
このコツチャニ村は、ウユニ塩湖から最も近い位置にある村で、ウユニ塩湖に向かう多くの人がここに寄ります。
この村には市場のように十数のお店が軒を連ね、お土産はもちろん、食べ物や飲み物も販売しています。

日本語名称:コルチャニ村のマーケット
英語名称:Colchani Market
現地名称:Mercado de Colchani
・コルチャニ村のマーケットの滞在時間

30分

・コルチャニ村のマーケットの場所

ウユニの町から車で20分ほど北上した所にあります。ウユニ塩湖に向かう人皆さんがこの村を通ります。

・コルチャニ村のマーケットの様子

私が行った際も多くのウユニ塩湖に向かう車がやってきていました。

このようにいくつものお店が軒を連ねています。

ウユニ塩湖オリジナルのお土産も売っていますが、言い値で値段交渉が必要なので、ちょっと大変です。
とはいえ、ぼったくられても数百円とかなので、そこまで神経質にならなくても良いと思います。

ここでは30分ほど滞在をしてすぐに出発しました。

次は、ついにウユニ塩湖に向かって出発します!

6.塩湖の目を鑑賞(Ojos del Salar)

まずはウユニ塩湖の塩湖の目に向かいます。

日本語名称:塩湖の目
英語名称:Eyes of the Salt Flat
現地名称:Ojos del Salar
・塩湖の目の滞在時間

10分

・塩湖の目の場所

地図でみてもよくわかりませんが、ここにあります。笑

コルチャニ村からは15分ほどでウユニ塩湖に到着します。しかし、道が舗装されていないので少し揺れます。
途中に野生のアルパカ?ラマ?の群れに遭遇しました。

私にはラマとアルパカの見分け方が未だにわかりません。笑

ドライバーが止まってくれましたが、すぐにゆーーーーーーーーーーーーーーーーーっくり、逃げていきました。笑

そして、昨日同様、この様な悪路の入り口をぬけます。

・塩湖の目の様子

そこから5分ほどウユニ塩湖の中を走ると到着です。

正直な感想は、、、

ん?????

でした。笑

勢いよく湧き出ているわけでもなく、特に感動はなかったです。笑

一応ウユニ塩湖の地下からアンデス山脈や雨水が湧き出ているので、非常に塩分の高い水が湧き出ています。
また、鉄分が多く含まれているようで、飲んだ方によるとしょっぱい鉄を水に溶かした感じと言っていました。笑

ここは「ほーーー」といった感じで、すぐに出発です!

次は、真っ白の乾燥したウユニ塩湖に向かいます!

7.白い大地の乾燥したウユニ塩湖を鑑賞

さあ、次はやっとウユニ塩湖っぽい所に向かいます!
まずは真っ白に乾燥したウユニ塩湖に向かいます。
ここでは、一面360度平坦で真っ白の大地とそれを生かしたトリックアートの写真を撮ります!

また、これはよく言われることですが、アジア人は鏡張りのウユニ塩湖を好み、欧米人は白い乾燥したウユニ塩湖を好むようです。

塩湖の目を出発したらすぐに、感動の真っ白い大地が姿を現しました。

この時点で感動です。
雪景色とは違って山も何もない平坦な大地が地平線まで真っ白に広がっており、これまでに味わったことのない感覚に陥りました。

・白い大地の乾燥したウユニ塩湖の滞在時間

1時間

・白い大地の乾燥したウユニ塩湖の場所

大体この辺です。笑 正直わからないです。笑

・白い大地の乾燥したウユニ塩湖の様子

塩湖の目を出発して15分ほど車に乗ったと思います。

すると到着です!

我々以外誰もいないし、何もないし、あるのは平坦な白い大地だけです。

昨日鑑賞した、水の張った鏡張りのウユニ塩湖とは全く違う景色です。欧米の人が好むのもわかります。
水の張った鏡張りの水面は遠浅の砂浜などでも見ることができます。(バリの北クタのビーチがそうです。)
しかし、この真っ白な平坦な大地が地平線まで続く光景は、ウユニ塩湖でしか見えません。
なので、個人的にはこっちの方が好きでした。

ただ、めちゃくちゃ熱いです!しかも、白いのでまぶしいです!サングラスは絶対必須です!しかも遮光の濃いやつを持って行ってください。雪目ならぬ塩湖目になります。笑

さて、乾燥した白いウユニ塩湖に来たらトリックアートの写真を撮るのが定番です!

穂高ツアーでは、ドライバーが小道具を用意してくれますし、写真も撮ってくれます!

他にもこんな動画も穂高ツアーのドライバーが撮影してくれます!

私は相棒と2人で穂高のツアーに参加しましたが、一緒に参加していた人とドライバーの指示に従って写真を撮りました。せっかくなので人見知りせず、一緒に穂高ツアーに参加している人と仲良くなってみてください!

結構トリックアートを撮るのに角度や距離感が難しかったり、地面に肘をついて写真を撮るので痛かったりと大変で地味な作業になるので、ドライバーにお願いして撮ってもらったほうがいいと思います。笑
私たちも持って行ったトイストーリーのおもちゃを並べて撮ってもらいました!

バズには無限の彼方に行ってもらいました。笑

他にもウユニの写真を挙げているので、インスタグラムをフォローしてみてみてください!

8.塩のホテルでランチ(Plaza de las Banderas Uyuni)

1時間ほどトリックアートの写真を撮ったり、白い大地に感動したりしたら次はランチに向けて出発です!

穂高ツアーの「1日+夕日ツアー」には、ランチが含まれています。
ウユニ塩湖の中にある塩のホテルでピクニック形式のランチを食べます!
ランチは列車の墓場の後に、一瞬長靴を履き替えた所に戻り、ドライバーがピックアップしてきたものになります。

日本語名称:塩のホテル
現地名称:Plaza de las Banderas Uyuni
・塩のホテルの滞在時間

1時間30分

・塩のホテルの場所

航空写真の地図で見るとわかりますが、本当にウユニ塩湖の中にあります。

・塩のホテルの様子

先ほどの白い大地のウユニ塩湖を鑑賞したポイントから15分ほど走ったら到着です。

まずは、塩のホテルの近くにあるダカールラリーの石碑に立ち寄ります。

余談ですが、2週間ほどかけて砂漠や山道を車で走破する「パリダカ」というレースは、現在南米で開催されています。
かつては、フランスのパリから出発して南アフリカのセネガルの都市、ダカールまでを走っていましたが、南アフリカの治安悪化やテロ予告により、2009年から南米での開催に変更となりました。

こんなところ時速100km以上で走り抜けたら相当気持ちがよいでしょうね!

また、塩のホテルでは、ウユニ塩湖をバイクでツーリングしている人にも出会いました。どうやら、ダカールラリーのコースを走っているみたいです。

体中塩まみれになっていました。笑

塩のホテルの近くには、世界中の国旗が建てられた広場もあります。
みなさん各々国旗にコメントを残していました。

もちろん我々日本の国旗もあります。地球の裏側で日本の国旗をみるとやはり安心しますね。笑

さて、ホテルの中に入ってランチを食べます。
いくつか塩でできた椅子とテーブルがあり、ツアー参加者の皆さんで召し上がります。

そこまで豪華なものではありませんが、トイレの心配もあるので丁度よく、おいしくいただきました。

近くには客室もあり、塩のレンガでできていました。

また、売店とその奥にはトイレがありますが、お世辞にもきれいとはいいがたい汚いトイレです。

便座もなく、水栓でもない筒の上に座ってするトイレなので、男性の小の場合はまあいいですが、女性や男性の大の場合は汚れずに用を足すのは無理だと思います。
また、このトイレは利用に5ボリビアーノ必要です。
売店のおばさんに5ボリビアーのを支払います。一応、数枚のトイレットペーパーをくれます。

ご飯を食べたら、今度は水の張った鏡張りのウユニ塩湖に向かいます!

9.鏡張りのウユニ塩湖で写真遊び

走り出して5分ほどで、ウユニ塩湖に水が張り出しました。

そこから10分ほど走ると到着です!場所は昨日のスポットと同じでした。
おそらく4月頭に鏡張りを見るのはこのスポットがいいのだと思います。
詳しい場所は、こちらの記事をご覧ください。
【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~4日目 夕日+星空ツアーに参加

・鏡張りのウユニ塩湖の滞在時間

1時間30分

・鏡張りのウユニ塩湖の様子

昨日同様とてもきれいです。

2日目であっても本当に自分がウユニ塩湖にいることが信じられませんでした。

一緒の穂高ツアーに参加していた香港のカップルも幸せそうでした。

しばらくすると太陽が沈みだしました。

今日は昨日に比べて風がなく、塩湖の水に波が立っていないので、鏡張りの度合いが昨日以上でした。ぜひ動画でHDにしてご覧ください。

今日のドライバーは面白い動画を撮ってくれました!

あとはゆっくり夕日を鑑賞です!どっちが空でどっちが水面か、わかりません。ぜひ動画でご覧ください。


夕日が沈むとこの穂高ツアーは終了です。
40分ほどかけてウユニの町にある穂高ツアーに戻り、解散となります。
戻ってきたのは19時過ぎでした。

丸一日ウユニ塩湖を楽しむことができるので、ぜひ皆さんも「1日+夕日ツアー」に参加することをお勧めします!

そして、明日は午前3:00出発する星空+日の出ツアーに参加するので、お楽しみしてください!

-海外旅行記
-, ,

関連記事

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~4日目ラパスからウユニ到着

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~4日目ラパスからウユニ到着 今回は、ついにウユニに到着です!ボリビア サンタクルスを出発し、首都ラパスを経由してウユニに到着までの道中やボリビアーナ航空の様子をご紹介していきます! 2019年4月、ついにボリビアのウユニ塩湖に行ってきました。皆さんも一度は行ってみたいと思う所ではないでしょうか。 しかし、南米ということ …

【2018年夏】プーケット旅行記 5日目 アイランド サファリ

【2018年夏】プーケット旅行記 5日目 アイランド サファリ 2018年平成最後の夏、お盆終わりにシンガポールから半年ぶりに日本に行き、東京の人の多さと混雑具合につかれた私です。 そして日本で5日間程過ごし、1度シンガポールに戻り今度はプーケットに行きました。 東南アジアのリゾートは、基本バリに行くことがほとんどでこの1年で5回もバリに行っていますが、この …

【2018年夏】プーケット旅行記 2日目 タイガーキングダム

【2018年夏】プーケット旅行記 2日目 タイガーキングダム 2018年平成最後の夏、お盆終わりにシンガポールから半年ぶりに日本に行き、東京の人の多さと混雑具合につかれた私です。 そして日本で5日間程過ごし、1度シンガポールに戻り今度はプーケットに行きました。 東南アジアのリゾートは、基本バリに行くことがほとんどでこの1年で5回もバリに行っていますが、この夏 …

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~4日目ウユニでSIMカード購入

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~4日目ウユニでSIMカード購入 今回は、ウユニでのSIMカード購入場所・方法、金額についてご紹介していきます。 2019年4月、ついにボリビアのウユニ塩湖に行ってきました。皆さんも一度は行ってみたいと思う所ではないでしょうか。 しかし、南米ということもあり、費用や治安、行き方など不安が多いと思います。 私は、航空券やホ …

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~4日目穂高で現地ツアーの申込み

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~4日目穂高で現地ツアーの申込み 今回は、ウユニで日本人に有名な「穂高」で現地ツアーに申込みをする方法や料金をご紹介していきます。 2019年4月、ついにボリビアのウユニ塩湖に行ってきました。皆さんも一度は行ってみたいと思う所ではないでしょうか。 しかし、南米ということもあり、費用や治安、行き方など不安が多いと思います。 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール
とも
旅をこよなく愛し、自由に生きる29歳です。
高校でイギリス、大学でカナダに留学→借金を背負わされ長期留学が頓挫→ソフトウェア会社に就職→26歳シンガポール移住→ソフトウェア・プロダクトデザイナーの傍ら年間60フライト以上で旅行中。現在は東京に拠点を移し「海外旅行お役立ち情報 と 旅の記録」を中心に情報発信しています。
2020年は半月に及ぶギリシャ周遊とアメリカ大陸横断を昨今の情勢から中止し国内で奮闘中。

カテゴリメニュー

カテゴリメニュー

タグ

タグ

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちらをご確認ください。
※サイトセキュリティ向上のためにお問い合わせフォームは設置しておりません。お問い合わせは、サイト運営者のメールアドレスまでお寄せください。