~海外旅行お役立ち情報と旅の記録~

自由に生きる旅好き29歳が、旅の模様や世界の旅行情報をお届けします。皆さんにもっと気軽に安心して旅行に行って貰えるように情報発信しているサイトです!

海外旅行記 ,

【2018年夏】プーケット旅行記 4日目 ホテルでのんびり&パトン散策

   

【2018年夏】プーケット旅行記 4日目 ホテルでのんびり&パトン散策
2018年平成最後の夏、お盆終わりにシンガポールから半年ぶりに日本に行き、東京の人の多さと混雑具合につかれた私です。
そして日本で5日間程過ごし、1度シンガポールに戻り今度はプーケットに行きました。
東南アジアのリゾートは、基本バリに行くことがほとんどでこの1年で5回もバリに行っていますが、この夏はタイのプーケットに行ってみようとなり初めてプーケットに行ってきました。
普段は東南アジアを中心に生活している私からみたプーケットの模様をシェアしていきます!

今回は4日目で、午前中はアウトリガー ラグーナ ホテルでのんびりし、午後はパトン地区を散策しましたのでその模様です!

目次

1.旅程・日程
2.1日目:日本からシンガポール
3.2日目:シンガポールからプーケット、そして虎とたわむれる
4.3日目:ピピ島+バンブー島日帰りツアーに参加
5.4日目:ホテルでのんびり&パトン散策
6.5日目:アイランド サファリで象とたわむれるホテルでのんびり
7.6日目:プーケットからシンガポール
8.【2018年夏】プーケット旅行記・おすすめスポットの他のシリーズ

1.旅程・日程

ではまず、どのような旅程だったかを振り返ります。

日程 2018年8月下旬
1日目 ✈日本からシンガポール(シンガポール航空)
自宅泊
2日目 ✈シンガポールからプーケット(シンガポール航空地域会社シルクエアー)
タイガーキングダムで虎とたわむれる
🏨アウトリガー ラグーナ プーケット ビーチ リゾート泊
3日目 ピピ島+バンブー島日帰りツアーに参加
🏨アウトリガー ラグーナ プーケット ビーチ リゾート泊
4日目 ホテルでのんびり
パトン散策
🏨アウトリガー ラグーナ プーケット ビーチ リゾート泊
5日目 アイランド サファリで象とたわむれる
ホテルでのんびり
🏨アウトリガー ラグーナ プーケット ビーチ リゾート泊
6日目 ✈プーケットからシンガポール(シンガポール航空地域会社シルクエアー)

4.3日目:ピピ島+バンブー島日帰りツアーに参加

それでは前回の続きです。
007やジュラシックパークなどの撮影でも使われた神秘的な島、ピピ島+バンブー島への日帰りツアーの様子は前回の記事をご覧ください。
3日目:ピピ島+バンブー島日帰りツアーに参加
4日目の今日は、前日ピピ島+バンブー島で楽しみまくったので、ゆっくり起きて、午前中はホテルでのんびりすることにしました。
9時頃起き、ホテルでゆっくり朝食をとります。
大量のベーコンと巨大なソーセージが印象的でしたので、載せておきます。笑

朝食後は、部屋に戻り少しゆっくりし、その後ホテルのプールサイドでのんびり読書をしました。
一緒に行った人は部屋でお昼寝をしていました。
8月下旬は雨季なので波が高く、プーケットのビーチに入ることは難しいです。
こんな感じです。


本を読んでいましたがのどが渇いたので、12時前ですがビールを注文し、ビールを飲みながら読書をするという非常にのんびりすることができました。
普段は結構アクティブな方で、にぎやかなことも好きですが、個人的にはこの時の様に、ビーチやプールサイドでお酒を飲みながら本を読んでのんびりする時間の方が好きです。

結局2時間程ゆっくりし、お昼を食べに行くがてらパトン地区を散策することにし、Grabで車を呼びホテルを出発しました。

パトン地区は、プーケットで一番の中心街です。
昼はショッピングや食べ歩きで、夜はクラブや飲み屋で賑やかな大人な街になります。

ホテルから30分程度でパトン地区に到着です。
まずは日本人のツアー会社で教えてもらったタイ料理が食べれるところに向かいました。

パトン地区は、ジャンセイロンというショッピングセンターを中心に栄えています。
ここは、比較的綺麗でスーパーやレストラン、フードコートなどある大きなショッピングセンターなので、お土産や食事にはもってこいの場所です。
タクシーやトゥクトゥクでもジャンセイロンといえば、みんなわかります。

そんあジャンセイロンから歩いて5分くらいのP.Sホテルの1階にあるレストランです。

ホテルといっても、もはやレストランとしてしか営業していない感じで、道に面してテラス席と1階ロビーは全てレストラン用の座席でいっぱいでした。
正直建物は綺麗ではなく、ザ・東南アジアといった十年ほど前のホテルといった感じです。
しかし、料理は本格的なタイ料理が食べれるということでしたので、こちらにしました。
また、パスタやバーガーなどインターナショナル料理も食べれるのでタイ料理が苦手な方でも大丈夫です。

私たちは、タイ料理に挑戦しようということで、トムヤムクン、鶏肉のタイカレー煮、パイナップル炒飯を食べました。

トムヤムクンは非常に辛く、色々な香辛料が入っており、エビの出汁が沢山出ていたので食べるのに苦労しましたが、鶏肉とパイナップル炒飯はおいしくいただきました。
料理が出てくるのが遅かったですが、一度は行ってみると面白いかと思います!

1時間ほどここで過ごし、この後はパトンの散策に出かけます。
パトン地区のメイン通りであるバングラー通りに行きます。


正面がバングラー通りで、ザ・東南アジアといった感じの雰囲気です。笑

電線がぐちゃぐちゃで繋がれており、近くに行くと「ヂーーーーーー」と、電気が流れている大きな音がしていました。
プーケットでは電気を勝手に直接電線から引いて、タダで電気を使おうとする犯罪もあるらしく、整備はままならいようです。

バングラー通りは、いくつものクラブがあり夜になるとガンガンに音楽がかかり、売春婦やドラッグ売りも出る結構ディープな所です。
夜のバングラー通りに行かれる方はお気をつけください。

歩いていると、個人的に好きなココナッツウォーターを売っていたので購入しました。

この様に自転車の荷台が屋台になった移動式でフルーツを販売しているので、興味がある方は買ってみてください。

バングラー通りを進むとパトンビーチに出てきます。
しかしパトンビーチは人が多く、雨季で波も高いので、特にやることはなく私たちはスルーしました。

そのままパトン地区の東南アジアっぽい感じを堪能しながら30分ほど散歩しました。

話がそれますが、iPhone10のカメラってすごいですね!上の2枚の写真、他の写真とテイストが違うと思いますがiPhone10で撮影したものになります。
雰囲気が出ていていい感じに撮れています!

散歩した後は、ジャンセイロンに戻ってきてトイレと休憩です。

ここには、上でも紹介しましたが大きなスーパーが入っているので、安くお土産を購入することができます。
このBig C Extraジャンセイロンという所です。

お土産用の象の形をした箱入りのチョコレートが500円くらいでした。帰りにプーケット空港で似たようなものは1200円くらいで売られていました。
旅行地のお土産は、現地のスーパーに行って購入するのがやはり鉄則ですね!
現地の文化や商習慣などリアルに触れることができるので、私はどの国に行っても現地のスーパーとドラッグストアには必ず行きます!

ジャンセイロンで、お土産と買い出しが終わったらトゥクトゥクに乗ってホテルに帰ることにしました。
これまで移動にはGrabで普通の車を使っていましたが、トゥクトゥクに乗りたいとなりトゥクトゥクに乗ることにしました。

ジャンセイロンのロータリーにもトゥクトゥクが止まっていますが、何台か値段を聞いて相場をつかんだ方がいいです。
始めに向こうが言ってきた価格は確実に多めに金額を言ってきています。
スマホが通じる方はGoogleマップでホテルの場所を表示し、ここまで行きたいと、止まっているトゥクトゥクのドライバーに声を掛けます。
すると、「〇〇バーツ!」と言ってくるので、高かったら気にせず「エクスペンシブ。ノーセンキュー。」と言って次のドライバーに声を掛けます。
安くできるときはこの時に「ハウマッチ?」と聞き返してくるのでこっちの値段を提示します。
私はいつも最安値まで下げたいので明らかに無理だろという価格をこっちから提示します。笑
少なくとも向こうが提示してきた額の100バーツは安くなる感じがします。

結果、ホテルまでは2人で600バーツで交渉成立でした。このドライバーが最初に提示してきたのは800バーツでした。笑
この後何回かトゥクトゥクにも乗りましたが、長距離になるとトゥクトゥクは割高になるようでした。
帰ってくるのが大変になるのがあるのかなと思います。
ホテルまではGrabで700バーツとなっており、トゥクトゥクも5台くらい声を掛けましたがみんな800バーツくらいを提示してきました。

また、場合によっては相乗りになり、同じ方向の人と乗り合いになることもあります。

それでは乗車して出発です!お金は降りるときに支払います。
パトンのトゥクトゥクは、イメージしていた3輪の車ではなく、比較的新しいスズキの軽トラの荷台が座席になっているタイプの現代のトゥクトゥクといった感じでした。
どれもこのタイプのトゥクトゥクでしたので、今はこういうものなのだと思います。
そしてトゥクトゥクには、結構豪華な音響機器が完備されていました。

日本のパーティーリムジンのような感じです。笑

このスピーカーから結構な大きな音でEDMなどノリノリの曲をかけてくれます。
その様子は私のインスタグラムのストーリーズに掲載しているのでぜひご覧ください。
公式インスタはこちら:https://www.instagram.com/tomos_trip/

そしてトゥクトゥクに揺られ、音楽を楽しむこと30分、ホテルに到着でこの日は終了です!

音楽を聴きながら気持ちよく風を切って、楽しい移動でした。トゥクトゥクにはまた乗りたいですし、日本でも観光地などでやってもらえると嬉しいです!

8.【2018年夏】プーケット旅行記・おすすめスポットの他のシリーズ

【2018年夏】プーケット旅行記 1日目~2日目 アウトリガー プーケット
【2018年夏】プーケット旅行記 2日目 タイガーキングダム
【2018年夏】プーケット旅行記 3日目 ピピ島+バンブー島日帰りツアー
【2018年夏】プーケット旅行記 4日目 ホテルでのんびり&パトン散策 ←本記事
【2018年夏】プーケット旅行記 5日目 アイランド サファリ

-海外旅行記
-,

関連記事

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~6日目 星空+日の出ツアーに参加

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~6日目 星空+日の出ツアーに参加 今回は、早朝に出発して満天の星空眺め、その後ウユニ塩湖に反射する日の出を鑑賞するツアーに参加したので、その模様をご紹介していきます。 全て個人て手配して行きましたので、ウユニ塩湖までの道のりや費用、旅行の模様をご紹介していきます。 ウユニ塩湖の行き方などご質問などあれば答えられる範囲で …

【2018年夏】プーケット旅行記 2日目 タイガーキングダム

【2018年夏】プーケット旅行記 2日目 タイガーキングダム 2018年平成最後の夏、お盆終わりにシンガポールから半年ぶりに日本に行き、東京の人の多さと混雑具合につかれた私です。 そして日本で5日間程過ごし、1度シンガポールに戻り今度はプーケットに行きました。 東南アジアのリゾートは、基本バリに行くことがほとんどでこの1年で5回もバリに行っていますが、この夏 …

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~1日目アメリカ入国ニューヨーク

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~1日目アメリカ入国ニューヨーク 2019年4月、ついにボリビアのウユニ塩湖に行ってきました。皆さんも一度は行ってみたいと思う所ではないでしょうか。 しかし、南米ということもあり、費用や治安、行き方など不安が多いと思います。 私は、航空券やホテルなどをツアー参加では無く、全て個人て手配をして行ってきました。 皆さんにもぜ …

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~7日目 4000mの都市ラパスを観光

今回は、標高4000mにある都市で、世界一高い首都でもあるボリビアのラパスに向かいます! アルパカのミイラやコカインのコカの葉が合法で売られている異文化の街をご紹介していきます! ウユニ塩湖の行き方などご質問などあれば答えられる範囲でお答えしますので、メールかInstagramのDMからご連絡ください。 目次 1. 【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。の他 …

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~5日目 1日+夕日ツアーに参加

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~5日目 1日+夕日ツアーに参加 今回は、まる一日ウユニ塩湖を楽しむことができるツアーに参加したのでその模様をご紹介します。 2019年4月、ついにボリビアのウユニ塩湖に行ってきました。皆さんも一度は行ってみたいと思う所ではないでしょうか。 しかし、南米ということもあり、費用や治安、行き方など不安が多いと思います。 私は …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール
とも
旅をこよなく愛し、自由に生きる29歳です。
高校でイギリス、大学でカナダに留学→借金を背負わされ長期留学が頓挫→ソフトウェア会社に就職→26歳シンガポール移住→ソフトウェア・プロダクトデザイナーの傍ら年間60フライト以上で旅行中。現在は東京に拠点を移し「海外旅行お役立ち情報 と 旅の記録」を中心に情報発信しています。
2020年は半月に及ぶギリシャ周遊とアメリカ大陸横断を昨今の情勢から中止し国内で奮闘中。

カテゴリメニュー

カテゴリメニュー

タグ

タグ

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちらをご確認ください。
※サイトセキュリティ向上のためにお問い合わせフォームは設置しておりません。お問い合わせは、サイト運営者のメールアドレスまでお寄せください。