~海外旅行お役立ち情報と旅の記録~

自由に生きる旅好き29歳が、旅の模様や世界の旅行情報をお届けします。皆さんにもっと気軽に安心して旅行に行って貰えるように情報発信しているサイトです!

海外旅行記 ,

【2018年夏】プーケット旅行記 3日目 ピピ島+バンブー島日帰りツアー

   

【2018年夏】プーケット旅行記 3日目 ピピ島+バンブー島日帰りツアー
2018年平成最後の夏、お盆終わりにシンガポールから半年ぶりに日本に行き、東京の人の多さと混雑具合につかれた私です。
そして日本で5日間程過ごし、1度シンガポールに戻り今度はプーケットに行きました。
東南アジアのリゾートは、基本バリに行くことがほとんどでこの1年で5回もバリに行っていますが、この夏はタイのプーケットに行ってみようとなり初めてプーケットに行ってきました。
普段は東南アジアを中心に生活している私からみたプーケットの模様をシェアしていきます!

今回は、3日目のピピ島+バンブー島日帰りツアーからスタートです!

目次

1.旅程・日程
2.1日目:日本からシンガポール
3.2日目:シンガポールからプーケット、そして虎とたわむれる
4.3日目:ピピ島+バンブー島日帰りツアーに参加
5.4日目:ホテルでのんびり&パトン散策
6.5日目:アイランド サファリで象とたわむれるホテルでのんびり
7.6日目:プーケットからシンガポール
8.【2018年夏】プーケット旅行記・おすすめスポットの他のシリーズ

1.旅程・日程

ではまず、どのような旅程だったかを振り返ります。

日程 2018年8月下旬
1日目 ✈日本からシンガポール(シンガポール航空)
自宅泊
2日目 ✈シンガポールからプーケット(シンガポール航空地域会社シルクエアー)
タイガーキングダムで虎とたわむれる
🏨アウトリガー ラグーナ プーケット ビーチ リゾート泊
3日目 ピピ島+バンブー島日帰りツアーに参加
🏨アウトリガー ラグーナ プーケット ビーチ リゾート泊
4日目 ホテルでのんびり
パトン散策
🏨アウトリガー ラグーナ プーケット ビーチ リゾート泊
5日目 アイランド サファリで象とたわむれる
ホテルでのんびり
🏨アウトリガー ラグーナ プーケット ビーチ リゾート泊
6日目 ✈プーケットからシンガポール(シンガポール航空地域会社シルクエアー)

4.3日目:ピピ島+バンブー島日帰りツアーに参加

それでは前回の続きです。
体長2m以上の巨大な虎とたわむれて、写真を撮影するタイガーキングダムでの模様は前回の記事をご覧いただけたらと思います!
【2018年夏】プーケット旅行記 2日目 タイガーキングダム

3日目の朝8:30、送迎の車でピピ島+バンブー島行きのスピードボートが出発するロイヤルプーケットマリーナに向けて出発です!

今回ピピ島+バンブー島に行くのは、「VELTRA(ベルトラ)」というサイトで事前に申し込みを行っていくことにしました。
実際に申し込みを行ったツアーはこちらです。
VELTRA(ベルトラ)
ピピ島+バンブー島日帰りツアー
https://www.veltra.com/jp/asia/thailand/phuket/a/18768

時間通り朝8:30にホテルロビーにハイエースで迎えが来ました。
ネットで申し込みを行った後に表示されるバウチャー(こちらを印刷してくださいというもの)を印刷してドライバーにみせれば問題ありませんでした。
乗合の送迎になるので周辺のホテルから他のツアーに参加される方も乗車していました。

アウトリガー ラグーナ プーケット ホテルから車で約30分程すると、スピードボートが出発するロイヤルプーケットマリーナに到着です。

こちらでツアーの受付を行い、説明を受けてスピードボートでピピ島+バンブー島に向けて出発します。

車を降りると目の前に受付をしているテーブルがあるのでそこで、名前を伝えます。
この時バウチャーは必要ありませんでしたが、一応持っておくと安心です。
すると、ツアーに参加する組みを分けるシールを貰うので胸の位置に貼ります。
シールは色分けされておりボートごとに決まっています。
ここから先はシールの色で呼ばれるので必ず貼る様にしましょう!

私たちが参加した時は、オレンジ色のシールで36名が一つのボートで全員日本人でした。

さて、シールを貼ると建物の中に入って説明を受けるのでそれまで待つように言われます。
100人ほど入る明るい広めの部屋にベンチが置かれておりそこに自由に座ります。
待っている間、部屋の前方部にある飲み物やお菓子などは無料で自由に食べることができます。

説明後にトイレに行く時間があるので焦ってこのタイミングでトイレに行く必要はありませんが、先に行っても良いかと思います。

10分程待つと説明が始まりまずは英語で説明があります。
その日の天候、波の具合、島までの時間、天候に基づいたその日の日程、参加人数、ガイドの紹介、写真撮影の申し込みの案内(有料)、足に付けるフィンの案内(有料)、酔い止めの重要性、注意事項などなど。

前半は英語での説明でしたが、後半に日本語での説明もありますので英語が苦手な方も心配する必要はありません。
上の写真の中央の黒人の男性が流ちょうな日本語で説明をしてくれます。

★参加してみてのポイント・注意・持ち物・アドバイス★
・無料の酔い止めは必ず飲む
 →船はかなり揺れます。バスで本を読んで酔わない人でも船酔いは別です。
  波の高さは数メートルあり、その中を時速70km以上で船は走ります。
  船の上では到底立ってられないくらい揺れ、ディズニーランドのアトラクションの様に揺れます。
  飲んでおいて損は無いので酔わないと思っている人でも飲んでおきましょう。
  出航後最初のポイントで既に吐いている方もいらっしゃいました。
  無料でくれるので、必ず飲むようにしましょう。

・防水かつ浮力のあるスマホケースは絶対必要です
 →iPhone7以降防止ですが、長時間はやはり心配です。(私は気にせずいつもプールや海に入りますが。。。笑)
  シュノーケルの際に海の中の様子を撮影したり、激しく揺れる船の上で利用することになったりするので、首からかけることができるストラップ付で防水かつ水に浮くことができるスマホケースを購入していきましょう。
  ビックカメラで1500円くらいで販売しています。
  Amazonだとこのような物です。Amazon検索結果へ

・日焼け止めは忘れずに持っていきましょう
 →天候は結構めまぐるしく変わりました。
  ピピ島へはスピードボートで1時間くらいかかります。(雨季だと時速60~70km、乾季だと90kmで行くので乾季の方が早く着きます。)
  なので港の天気はあてになりませんし、急に雨が降ったり急に晴れたりします。
  また、ほぼ赤道直下です。日本の日差しとは違うので男性の方でも必ず塗るようにしましょう。
  

・スピードボートの前方部に座った方が楽しいです!
 →ボート構造上ボートの後部に座れば座るほど揺れないです。
  しかし、ボートは中央部から後ろは屋根があり、横向きに座り外を見ることもできず、人数が多いと窮屈で空気がこもり、息苦しいです。
  逆にそのせいで揺れなくても酔う感じが私はしました。
  そもそも船酔いは目で見ている光景と体で感じている揺れが違うことで酔うので、外が見えて解放感があり、遠くの島を見ている方が酔わないです。
  なので揺れない所を探すより、外が見てて解放感がある所を探す方が合理的です。
  前方部は屋根が無く、開放感があり全てを見渡せる席になります。(運転席よりも前になるので景色は最高です!)
  確かに揺れ激しいですが、ジェットコースターのアトラクションのような感じで酔うというより、腰と首にくる揺れです。
  普通に体が浮きます。一緒に行った人も普通に私の前で5~10cm程体が浮き、手でどこかを持っていないとボートから投げ出されるほどでした。
  なので船酔いというより、ジェットコースターのふわっと感が苦手な人や、首や腰が悪い人の方が前には来ない方が良いと思います。
  船のスタッフの話しだと雨季は3mほど、乾季でも1mほど船首がジャンプするので船酔いよりケガに気をつけた方が良いといっていました。
  スピードも雨季だと時速60~70km、乾季だと90kmのスピードで船は走るとのことなので確かにそれくらいジャンプしてもおかしくないですね。。。笑
  ↓下に動画があります↓

・おすすめの時期はやはり乾季です。
 →雨季と乾季では、乾季の方が風も波も弱く雨も降らず本当に綺麗な海を見るには最適な時期です。
  スピードボートも揺れないですし、乗っている時間も短いです。
  日本の夏休みを含めた6~10月は雨季なので本当はプーケット旅行は向きません。
  11~2月がプーケットの乾季にあたるので特にまだ行く日を決めていない人はこの乾季に行くのをお勧めします!

・有料の写真撮影は特に申し込まなくても良い
 →サイトのレビューにもありますが、説明時の案内でみせられるような綺麗な写真ではなくクォリティは低そうでした。
  スマホを防水ケースに入れているのであれば自分で撮ったり、他に参加している日本人などのお客さんに撮ってもらえば十分です。

・有料のフィン(足に付けるヒレ)も申し込まなくて良い
 →小学校のプールで問題が無かった人は必要無いと思います。
  ダイビングや素潜りをするなら別ですが、ライフジャケットを着けた状態でのシュノーケルになるので、特に潜ることもなくフィンの威力を発揮する機会が無いです。

さて、一旦ポイントはこの辺にして、説明を受けたらトイレに行って、スピードボートに向かいます。
説明が終わると15分程時間があります。その間にトイレに行くことができました。
スピードボートにもトイレは有りますが、恐らく普通の日本人は使う気にならないものです。必ず事前に行きましょう。

スピードボートの乗り場は、歩いて3分程で皆さんの流れについて行けば問題なく行けると思います。
乗る時に自分のシールの色が乗るスピードボートのものかスタッフの人に確認だけちゃんとしましょう!

スピードボートには乗る前にビーチサンダルを脱ぐことになります。
床の素材上、ビーチサンダルだと非常に滑るので裸足になることになります。
スピードボート自体はきれいでしたので、裸足になることが抵抗には感じませんでした。
脱いだサンダルはちゃんとケースに入れて船の中で預かってくれるので安心してください。

さあ、上のポイントでも言いましたが、楽しみたい人は酔い止めをちゃんと飲み、運転席より前の船首の外に座りましょう!
アトラクションみたいで非常に楽しいです!

荷物は椅子の下に置くことができるので置くようにしましょう!
椅子の上では海に飛んでいきます。笑

あとはライフジャケットを着けたら出航です!

ちなみに船には無料のドリンクがあるので、自由に飲んでください。

周る島は、天候と波の都合によって変わり、順番もその時によるようです。
今回はまず初めにピピ島まで直行するスケジュールでした。


ディズニーのアトラクションの様に体が何度も浮きながら船に揺られること50分、ピピ・ドン島 モンキービーチに到着です。

ここでは船上から猿を眺めます。海横の崖に数十匹の猿がいました。

個人的には猿よりも海の透明度の高さに驚きましたが。笑

10分程船上から観察したら次のシュノーケルポイントに移動します。
モンキービーチから5分程島沿いに走った所がシュノーケルポイントでした。

ツアーに無料で付いてくるシュノーケルセットとライフジャケットを準備し、後は海にドボン。とつかるだけです。

黄色いロープが海に張られており、それよりも島側でシュノーケルをするように言われます。
もちろん足がつく深さではありませんが、所々サンゴが盛り上がっており、足がサンゴにつく時があります。
この時は十分に注意してください。サンゴで足を切ることもありますし、針が20cmくらいある巨大なウニがたくさんあるのでその針で足を切ってしまうことがあります。
ガイドさんも、つい先日ウニに足をぶつけて針で大きく肉がえぐられていました。

ウニとサンゴに気をつけていれば後は南国の魚だらけの海を堪能することができます!
体に魚が当たるくらい沢山いるので非常に素晴らしかったです!

シュノーケルの時間は30分程あり十分長い時間ありました。
私は後半疲れたので船に上がり休憩していました。笑

シュノーケルが終わるとピピ島のメインエリア、ピピ・ドン島に向かいます。
また5分程走ると到着です。ここでは昼食を取ります。

ここで船から初めておりますが、この時周辺には多くのスピードボートが並んでいます。恐らく数十台です。
昼食後の乗船時、形も色も同じで船の番号だけ違うというボートもあったので、必ず自分が乗る船の番号を確認しておきましょう。

ツアーに昼食が含まれており1時間ここに滞在します。
ガイドの案内でホテルの食堂に通されそこでバイキング形式の食事を取ります。

ホテルのバイキングと言っても正直しょぼく、タイカレーとミートソースパスタ、フルーツ、サラダといったシンプルなものでした。
それでもおなか一杯になるくらいは食べれるので問題ないと思います。
ゆっくり食事をして休憩していると1時間なんてあっという間なので、島を散策する時間はほとんどありませんでした。

昼食を取ったホテルの場所はこちらになります。

私たちは唯一ビーチに止めてあったそれっぽいボートの前で写真を撮ることくらいしかできませんでした。

昼食後、予定時刻ちょうどに船に行くと我々以外は皆さん乗船しており、さすが日本人だと思いました。
シンガポールで暮らしていると時間にはルーズになってしまい、ちょっとくらい大丈夫だろという感覚が染みついてしまっています。笑
この時周辺には多くのスピードボートが並んでいます。恐らく数十台です。
形も色も同じで船の番号だけ違うというボートもあったので、必ず自分が乗る船の番号を確認しておきましょう。

次に向かう先は、ピピ・レイ島のバイキングケイブとピレーラグーンです。
ピピ島で一番美しいとされているマヤベイ上陸には、2018年6月1日~9月30日の期間、環境保護のためマヤベイは閉鎖されますため上陸できませんでした。
これは事前情報通りだったので仕方ないですね。

昼食後船を走らせ15分程、バイキングケイブに到着です。
ここは船上からみるだけで特段変わったものはないですが、洞窟の中にツバメの巣があり数千羽がいるようです。
越冬するためにここに来るとも言っていたので、私達が日本で見かけるツバメもここから来ているのかもしれません。

バイキングケイブ後は、目玉のピレーラグーンです。
ピレーラグーンは、エメラルドグリーンの深い海に断崖絶壁の崖がそびえたつ絶景ポイントです。
ジュラシックパークや007、ウォーターワールドの撮影でも使われているところです。

加工無しでこの低いアングル、曇り空でこの海の色です。とても神秘的な感じでした。

ここではラグーンの奥まで入っていき、泳ぐことができます。
水深は30mほどあるらしく、シュノーケルはできないのでただ泳ぐだけですが、あまりに深いため比熱が高く水面の温度が高いので水が温かく感じられました。
ガイドはホットスプリングと言っていました。笑

海に入る時は、船首からジャンプして飛び込む様に言われ皆さん楽しそうに海にダイブしてました!
私も楽しくなり何度も船から飛び込みました。笑
水深は深いですが、ライフジャケットを着けているので沈むことはありません。安心して飛び込んでください。

ピレーラグーンでの滞在時間は40分程あり、非常にゆっくり楽しむことができました。
ずっと海の中にいる必要は無く、船には無料のドリンクもあるので船の上から神秘的な光景を眺めているのもいいと思います。

ピレーラグーンの後は、バンブー島に向かいます。

バンブー島は、ピピ島から15分くらいでプーケットに帰る途中にあります。
プーケットからピピ島に向かう時にバンブー島によることもあるようです。

バンブー島は小さな無人島で、きれいなビーチだけある島です。

バンブー島に着くと荷物は持って降りない方が良いと言われます。
確かにビーチには非常に多くの人がいるので、盗まれる可能性があるからです。
船の上の方が安全というのは確かにそうだなと思いました。
船は、我々を降ろすとビーチから10mほど沖に停泊するので誰か人が勝手に乗り込むことはありません。

バンブー島ではビーチサンダルを出してくれませんでしたが、気になる人はビーチサンダルを出してもらった方がいいです。
なぜかというと、島にはトイレがあるのですがそこまでいくに落ち葉や枯れ葉の上を歩いていかなければなりません。
普段、靴を履いて歩いている我々日本人の柔らかい足の裏ではトゲが刺さってもおかしくありません。
また、トイレはお世辞にも綺麗とは言えず、裸足で入るには非常に抵抗があります。
物怖じせず、ビーチサンダルを出してとガイドに言うのをおすすめします。

また、ピピ・レイ島のマヤベイに上陸しない分、ここでの滞在時間が長くなります。
海に入る以外何もないので、船のドリンクを持っており、ビーチタオルを敷いて横になり、本を読むなり音楽を聴くなりして時間を潰す必要があります。

我々も何もやることが無くなり30分くらい暇してました。笑

さて、バンブー島が終わると、プーケットに帰ります。
夕方になると気圧が下がり、波が朝よりも高くなるのでスピードが出せず、来るときよりも時間がかかりました。

出発してすぐ激しく揺れる船の中で、フルーツを出してくれましたが、今じゃなくてバンブー島で出してよ。という感じにはなりました。笑

1時間程、アトラクションを楽しむと夕方16時頃にロイヤルプーケットマリーナへ帰ってきました。

到着後船を降りると、出発前に説明を聞きた部屋に戻り、アイスを配っていましたのでそれを貰いました。
また、パンもあったのでパンとコーヒーを頂き、帰りの送迎を待ちました。
その間にトイレに行く時間は十分にあるので、焦らずトイレに行くことができます。

帰りの送迎は、ホテルの名前を書いた紙を持ったドライバーが周辺に立っているので、その人に名前を告げると車に案内してくれます。
来るときとは違うドライバーでしたが、無事ハイエースでホテルに戻ってきてこの日は終了です。

夕食は、20時頃にお腹がすいたので、宿泊しているアウトリガー ラグーナ プーケットのホテルのレストランで、ピザとシャンパンを頂き、優雅なディナーとなりました。

8.【2018年夏】プーケット旅行記・おすすめスポットの他のシリーズ

【2018年夏】プーケット旅行記 1日目~2日目 アウトリガー プーケット
【2018年夏】プーケット旅行記 2日目 タイガーキングダム
【2018年夏】プーケット旅行記 3日目 ピピ島+バンブー島日帰りツアー ←本記事
【2018年夏】プーケット旅行記 4日目 ホテルでのんびり&パトン散策
【2018年夏】プーケット旅行記 5日目 アイランド サファリ

-海外旅行記
-,

関連記事

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~4日目穂高で現地ツアーの申込み

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~4日目穂高で現地ツアーの申込み 今回は、ウユニで日本人に有名な「穂高」で現地ツアーに申込みをする方法や料金をご紹介していきます。 2019年4月、ついにボリビアのウユニ塩湖に行ってきました。皆さんも一度は行ってみたいと思う所ではないでしょうか。 しかし、南米ということもあり、費用や治安、行き方など不安が多いと思います。 …

【2018年夏】プーケット旅行記 2日目 タイガーキングダム

【2018年夏】プーケット旅行記 2日目 タイガーキングダム 2018年平成最後の夏、お盆終わりにシンガポールから半年ぶりに日本に行き、東京の人の多さと混雑具合につかれた私です。 そして日本で5日間程過ごし、1度シンガポールに戻り今度はプーケットに行きました。 東南アジアのリゾートは、基本バリに行くことがほとんどでこの1年で5回もバリに行っていますが、この夏 …

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~2日目マイアミ/Ultra Miami

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~2日目マイアミ/Ultra Miami 2019年4月、ついにボリビアのウユニ塩湖に行ってきました。皆さんも一度は行ってみたいと思う所ではないでしょうか。 しかし、南米ということもあり、費用や治安、行き方など不安が多いと思います。 私は、航空券やホテルなどをツアー参加では無く、全て個人て手配をして行ってきました。 皆さ …

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~4日目ウユニ空港からタクシー

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~4日目ウユニ空港からタクシー 今回は、ついにウユニに到着したので、空港から街へのタクシーの乗り方、街の様子、ホテルの様子などをご紹介していきます。 2019年4月、ついにボリビアのウユニ塩湖に行ってきました。皆さんも一度は行ってみたいと思う所ではないでしょうか。 しかし、南米ということもあり、費用や治安、行き方など不安 …

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~4日目ラパスからウユニ到着

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~4日目ラパスからウユニ到着 今回は、ついにウユニに到着です!ボリビア サンタクルスを出発し、首都ラパスを経由してウユニに到着までの道中やボリビアーナ航空の様子をご紹介していきます! 2019年4月、ついにボリビアのウユニ塩湖に行ってきました。皆さんも一度は行ってみたいと思う所ではないでしょうか。 しかし、南米ということ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール
とも
旅をこよなく愛し、自由に生きる29歳です。
高校でイギリス、大学でカナダに留学→借金を背負わされ長期留学が頓挫→ソフトウェア会社に就職→26歳シンガポール移住→ソフトウェア・プロダクトデザイナーの傍ら年間60フライト以上で旅行中。現在は東京に拠点を移し「海外旅行お役立ち情報 と 旅の記録」を中心に情報発信しています。
2020年は半月に及ぶギリシャ周遊とアメリカ大陸横断を昨今の情勢から中止し国内で奮闘中。

カテゴリメニュー

カテゴリメニュー

タグ

タグ

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちらをご確認ください。
※サイトセキュリティ向上のためにお問い合わせフォームは設置しておりません。お問い合わせは、サイト運営者のメールアドレスまでお寄せください。