~海外旅行お役立ち情報と旅の記録~

自由に生きる旅好き29歳が、旅の模様や世界の旅行情報をお届けします。皆さんにもっと気軽に安心して旅行に行って貰えるように情報発信しているサイトです!

世界の空港情報 ,

ミャンマー バガン (ニャウンウー) 空港を解説!国際線/タクシー/両替は?

   

今回は、ミャンマーにある世界遺産で、アンコールワットと同じ世界三大仏教遺跡の一つであるバガンに行ったので、 バガン空港 (ニャウンウー空港) について徹底解説していきます!気になる国際線事情、タクシーやWiFi、両替、ATM、SIMカード、ラウンジなど年間60フライト以上している旅のプロが徹底解説していきます!

目次

バガン (ニャウンウー) 空港とは?


では、まずはバガン空港がどういった所なのかを説明していきます!

基本情報

  • 正式名称:Bagan Nyaung-U Airport
  • 空港コード:NYU
  • 国:ミャンマー
  • 大きさ:50m程の施設の小さな空港
  • 始発:10:05着(K7211)
  • 11:00~16:00は運航便無しで昼休憩有り
  • 最終:18:35発(8M4115)
  • 周辺観光地:バガン遺跡(世界遺産)

正式名称は、ニャウンウー空港という名前の空港ですが、バガンに空港は一つしかないので、一般的にバガン空港と呼ばれています。

50m程の施設があるだけの田舎の小さな空港です。

場所

場所は、ミャンマーの首都ヤンゴンから北に飛行機で1時間半ほどの所に位置しています。

周辺には、カンボジアのアンコールワットに並ぶ世界三大仏教遺跡で、世界遺産のバガン遺跡があります。
ちなみにバガン遺跡はこのような所です。

就航航空会社

  • 就航航空会社:5社
  • ミャンマー国際航空
  • エアKBZ
  • エアータンルウィン
  • ゴールデン・ミャンマー航空
  • マン・ヤダナポン航空

国際線は飛んでる?

  • 国際線は飛んでない
  • かつて2018年頃から就航する。
  • というはあったが、
  • 2020年現在未就航で国内線のみ

パガン空港は、国際線は乗り入れておらず、2020年現在は国内線のみです。

就航している国内線は、
・ヤンゴン(首都)
・マンダレー(首都に次ぐ第2の都市)
・ヘホー(インレー湖の近く)
3都市のみです。

日本からだとヤンゴン乗り換えで行くのが一般的です。

空港内の様子は?

では次に、実際に私が行って時の写真を交えて空港内の様子をご紹介していきます!

出発ロビー

まずは、出発ロビーです。

非常に小さい1階建ての空港なので、空港に入ってすぐが出発ロビーになります。

出発ロビーには、お土産屋さんやカフェがありますが、

後はベンチがあるだけで簡素な空港です。

なので、出発前に数時間ここで時間を潰すのはかなり厳しいと思うので注意してください。

また、11:00~16:00の間は出発便も到着便も運航便がないため、

閑散としており、お昼休憩でお店も閉店するようです。

その時間は空港にいても何もできないので、注意してください。

チェックインカウンター

チェックインカウンターは、仮設の様ですが航空会社別に用意されています。

そして、チェックインをして、航空券を受取る時に、

胸にシールを貼られます。

シールは航空会社が分かるようになっており、

そのシールを基にこの後の案内をしてくれます。

少し時間が早い場合は、チェックインを終えたらチェックインカウンターの近くのベンチで座って待ちます。

ここから保安検査へと進み、ゲートに向かいます。

保安検査へは、出発時間が近づくと職員の方が

「〇〇便の方、出発ゲートに進んでください」と叫び、シールを目印に案内をしてくれます。笑

放送ではなく大きな声で声をかける感じでした。笑

何分前とかは特に決まっておらず、出発する飛行機がパガン空港に到着して出発する準備が整うくらいのタイミングの大体で、案内されます。

ゲート

保安検査は、X線と金属探知機がある一般的なもので、アメリカやイギリスほど厳しくはありませんでした。

保安検査を終えると、ゲート前の待合室に入ります。

この待合室には、トイレのみあります。

売店や給水機や充電スポットなどは一切ありません。

とはいえ、ここに入るのは出発する直前になるので、待合室で待っても最大30分ほどです。

搭乗のタイミングが来ると、ここでも職員の方が大きな声で呼んでくれます。

到着ロビー

パガン空港は、飛行機とゲートがつながっていないので、着陸したらタラップを使って地上に降ります

その後、建物まで歩いて向かいます。

建物に入ったら、すぐ左手で預け荷物を待ちます。

預け荷物は、ターンテーブルではなくカートで運んでくるので手渡しで受け取ります。

荷物を受取ったら、到着ロビーに出てきます。

タクシーの乗り方は?

  • ・タクシーはエリアごとに定額制
  • ・降りる時の後払い
  • ・東南アジアのGrabは使えない

タクシーに乗る場合は、建物から外にでます。

この正面の所から外に出ることになるのですが、

出てすぐ右側に人が集まっていて座っている人がいます。

この人がタクシーの受付をしている人です。笑

怪しいですが、心配しないでください。

青色の背景でオレンジ色の文字で「i」と書かれた看板があります。

そこに

Bagan Nyaung U Taxi

と書いてるので、ちゃんとしたタクシーの運転手の人達です。

ちなみに、インドネシアのような強引な客引きはありませんでした。

タクシーの金額

金額は、このようになっています。

  • ・ニャウンウーエリア:5,000チャット(380円)
  • ・オールドバガンエリア:6,000チャット(450円)
  • ・ニューバガンエリア:7,000チャット(530円)
  • ※2019年12月現在

エリアの境の辺りだと500チャットで刻まれる場合もあるようです。

また、東南アジアで最大手の配車アプリ「Grab」は、

サービスエリア外で利用することができませんでした。

ちなみに首都のヤンゴンでは利用することができました。

WiFiの接続方法

  • 空港に無料WiFiは無い

空港に無料WiFiは無いので、プリペイドSIMを購入するか、日本からイモトのWiFiなどを借りていく必要があります。

WiFiの接続方両替所とATMはある?

  • 両替所・ATM共にある!

空港が小さいので行けば見つけれると思いますが、両替所もATMもあります。

両替所は、出発ゲートと到着ゲートの間にあります。

ATMはその向かいにあります。

SIMカードは買える?

  • SIMカードは買える!
  • が、営業時間が不明

一番奥で販売しています。

しかし、他の方で閉まっていて買えなかった。

というコメントもあったりするので、閉まっていた場合は一度ホテルに行き、街で購入することになります!

-世界の空港情報
-,

関連記事

【2018年】シンガポール チャンギ空港 フリーWiFiのつなぎ方(画像あり)

【2018年】シンガポール チャンギ空港 フリーWiFiのつなぎ方(画像あり) 東南アジア最大のハブ空港であるシンガポール チャンギ空港 そんなチャンギ空港でWiFiにつなぐには、スマホを開いて終わり。といった簡単なものではなく、ひと手間かかってしまうので、今日はチャンギ空港でのWiFiのつなぎ方をご紹介していきます。 私はシンガポール在住なので、仕事や旅行 …

クアラルンプール空港 KLIA2 サマサマホテルの宿泊記!評判/行き方は?

クアラルンプール国際空港の第2ターミナルにあるサマサマエクスプレスホテルは、入国せず利用できるトランジットホテルですが、場所や行き方、評判やアメニティなど色々気になることがあると思います!今回はそんな疑問に、実際の宿泊記を交えて、旅のプロがお答えしていきます! 目次 1. サマサマエクスプレスホテルとは? トランジットホテル?時間利用? 2. 入国せずトラン …

ミャンマー ヤンゴン空港 国内線ターミナルのチェックイン/乗り継ぎ/両替

今回は、ミャンマーにある世界遺産で、アンコールワットと同じ世界三大仏教遺跡の一つであるバガンに行くために、ヤンゴン空港 国内線ターミナルを利用したので、徹底解説していきます!気になるチェックイン、乗り継ぎ、両替、ATM、SIMカードなど年間60フライト以上している旅のプロが徹底解説していきます! 目次 1. ヤンゴン国際空港とは? 1. 基本情報 2. 空港 …

誤情報に注意!シンガポールチャンギ空港で機内に水は持ち込めます!

誤情報に注意!シンガポールチャンギ空港で機内に水は持ち込めます! シンガポール在住だった私は、年間50回ほどチャンギ空港を利用してました。 今でも、年間10回以上はチャンギ空港を利用します。 そして、よくシンガポールチャンギ空港では、機内に水を持ち込めない。と書いている情報を見かけますが、 これは誤情報です。 結論からいうとシンガポールチャンギ空港で機内に水 …

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~3日目ボリビア サンタクルス到着

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~3日目ボリビア サンタクルス到着 2019年4月、ついにボリビアのウユニ塩湖に行ってきました。皆さんも一度は行ってみたいと思う所ではないでしょうか。 しかし、南米ということもあり、費用や治安、行き方など不安が多いと思います。 私は、航空券やホテルなどをツアー参加では無く、全て個人て手配をして行ってきました。 皆さんにも …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール
とも
旅をこよなく愛し、自由に生きる29歳です。
高校でイギリス、大学でカナダに留学→借金を背負わされ長期留学が頓挫→ソフトウェア会社に就職→26歳シンガポール移住→ソフトウェア・プロダクトデザイナーの傍ら年間60フライト以上で旅行中。現在は東京に拠点を移し「海外旅行お役立ち情報 と 旅の記録」を中心に情報発信しています。
2020年は半月に及ぶギリシャ周遊とアメリカ大陸横断を昨今の情勢から中止し国内で奮闘中。

カテゴリメニュー

カテゴリメニュー

タグ

タグ

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちらをご確認ください。
※サイトセキュリティ向上のためにお問い合わせフォームは設置しておりません。お問い合わせは、サイト運営者のメールアドレスまでお寄せください。