~海外旅行お役立ち情報と旅の記録~

自由に生きる旅好き29歳が、旅の模様や世界の旅行情報をお届けします。皆さんにもっと気軽に安心して旅行に行って貰えるように情報発信しているサイトです!

世界の空港情報

クアラルンプール空港 KLIA2 サマサマホテルの宿泊記!評判/行き方は?

   

クアラルンプール国際空港の第2ターミナルにあるサマサマエクスプレスホテルは、入国せず利用できるトランジットホテルですが、場所や行き方、評判やアメニティなど色々気になることがあると思います!今回はそんな疑問に、実際の宿泊記を交えて、旅のプロがお答えしていきます!

目次

サマサマエクスプレスホテルとは?

  • ・いわゆるトランジットホテル
  • ・通称KLIA 2にある!
  •  マレーシアのクアラルンプール国際空港
  •  第2ターミナル内

トランジットホテル?時間利用??

サマサマエクスプレスホテルは、いわゆるトランジットホテルです。

トランジットホテルとは、
ターミナル内の制限エリア内にあり、トランジット入国せずに利用できるホテルです。

どんな時に利用するかというと、

10時間も乗り継ぎ時間あるけど、深夜だからわざわざ入国して観光するわけにはいかない。

旅行帰りに早朝5時のフライトで街だと始発電車でも間に合わなから、空港に前日夜からいたい。

といったように、空港に泊まると便利な時ってありませんか?

そんな時に利用するのがトランジットホテルです。

なのでトランジットホテルは、

基本的に24時間、利用が可能です。

そして、フライトの時間に柔軟に対応するために、

1泊とか2泊といった形で利用するのではなく、

6時間、8時間といった時間制で利用することになります。

とは言っても、インターネットカフェのような簡易宿泊といった感じではなく

普通のビジネスホテルのような部屋を用意しているのが一般的です。

入国せずトランジットで使える?

  • 入国せずにトランジットで使える

先ほども説明しましたが、サマサマエクスプレスホテルはターミナル内にあるトランジットホテルなので、

入国せずにトランジットで利用することができます。

なので、深夜を跨いだ乗り換え横になってゆっくりしたい場合などに、空港内で入国せずに利用することができます。

空港のどこにあるの?

では、具体的にサマサマエクスプレスホテルが、クアラルンプール国際空港のどこにあるか見ていきましょう。

  • KLAI 2
  • = 第2ターミナルの制限エリア
  •   マレーシア入国前or出国後

クアラルンプール国際空港の第2ターミナル通称「KLIA 2」と呼ばれます。

ちなみに、KLIA2は、
K:クアラ
L:ルンプール
I:インターナショナル
A:エアポート
2:第2ターミナル
です。

そして、この制限エリア内にサマサマエクスプレスはあります。

制限エリアとは、マレーシアに入国する前か、出国した後に免税店や飲食店があるエリアのことです。

具体的には、下記の赤い場所にあります。

KLIA2の全体マップ

KLIA2のメイン棟ではなく、サテライトターミナルにあります。

手前中央が、チェックインカウンターや出発ロビー、出入国審査のイミグレーションがあるメイン棟です。

そこから、スカイブリッジを渡った所にあります。

KLIA2は、大きさを書きましたがかなりでかいです。笑

しかしLCC用のターミナルなので電車やトラムなどは無く、全て歩いて移動する必要があります。

サテライトターミナル内をもう少し詳しく見てみましょう。
https://www.klia2.info/klia2/klia2-layout-plan/#satelliteより引用

サテライトターミナル内には、マクドナルドやスターバックスをはじめてとした飲食店やフードコート、免税店やお土産さんなど様々なお店が入っています。

そして、2階の半分ほどがサマサマエクスプレスホテルとなっています。

入口は、こんな感じです。

実際の様子は?綺麗?評価は?

では、次に実際に私が利用した時の様子をご紹介していきます。

利用は予約をしなくても利用できます。

受付の方法は?客室までは?

フロントに行くと、このような料金表を見せてくれます。

料金はこのようになっています。税込み価格の総額でこれ以上料金はかかりません。

6時間~24時間の間利用時間ごとに値段が決まっています。

上半分が1人用のシングル部屋

下半分が2人用のツインの部屋

で、非常にシンプルで分かりやすい料金設定です。

こちらが実際の利用明細です。

7時間で料金表通りの249.10マレーシアリンギット(約6500円)でした。

フロントで利用人数と利用時間を伝えたら、前金で料金を払えば受付は完了です!

フロントの横には、ホテルとは別に利用できる有料のラウンジがあります。

ちなみにこのラウンジには、シャワーがあるので、ホテルを利用しなくてもラウンジ利用のみでシャワーが使えます。

ホテルには、このラウンジの横を抜けて奥に進みます。

奥まで行くと大きなテレビがあるので、この横が客室へ繋がる扉です。

このガラスの扉は、客室のカードキーが無いと開かずここから先には宿泊者しか入れないので、セキュリティも安心です。

ここを入るとすぐに、客室エリアになります。

客室エリアはかなり広いです。

今回私が利用するのは、1人用のシングルの44番の部屋です。

客室はどんな感じ?何がある?

客室に入ってすぐの印象は、綺麗!です。

日本のビジネスホテルと同じくらいの清潔感がありました。

広さも日本のビジネスホテルのシングル部屋より広いです。

また、客室のごすぐ横は滑走路ですが、特に音が気になることはありませんでした。

無料のお水やインスタントコーヒーなど一般的なドリンクサービスもあります。

では気になる水回りですが、まず匂いはカビ臭いといったことは無く、特に気になりません。

アメニティは、歯ブラシ、ヘアゴム、シャンプー、ボディ-ソープです。

ドライヤーも洗面所右側にあります。

トイレの横にシャワーブースがあり、こちらも乾いており、清掃が行き届いてました。

実際に泊まってみてお勧め?

結論から言うと、おすすめします!

深夜のトランジットや昼でも時間があって横になって寝たい方には、おすすめします!

清潔感もあり、料金も約6,500円とコスパが良いです!

注意点は、KLIA2にあるため、KLIAの第1ターミナルを利用する人は使えないので注意しましょう!

また、KLIA2はかなり広く最長距離を移動すると2km以上あります。

さらにゲート前の途中にも保安検査場あり、ここがかなり混雑しています。

ゲートの集合時刻の1時間前にはホテルを出発してゲートに向かうことをお勧めするので、

時間に余裕を持ってチェックアウトしましょう。

それでは、クアラルンプール国際空港 KLIA2での快適な滞在をしてみてください!

KLIA2を動画で紹介!

こちらは、サマサマエクスプレスホテルを利用した時ではありませんが、

KLIA2の様子をご紹介している動画です!

KLIA2がどういった雰囲気なのか、気になる方はぜひご覧ください!

-世界の空港情報
-

関連記事

【2020年】チャンギ空港(シンガポール)フリーWiFiに接続する方法

【2020年】チャンギ空港(シンガポール)フリーWiFiに接続する方法 シンガポール在住の日本人の私は、年間50回ほどシンガポールチャンギ空港を利用します。 2020年もチャンギ空港を利用したので、2020年チャンギ空港のフリーWiFiに接続する方法を写真付きで説明していきます! 目次 1.チャンギ空港でフリーWiFiに接続する3つの方法 2.専用端末で簡単 …

ブルネイ空港を徹底解説!両替/お土産/WiFi/乗り継ぎ/レストランは?

ブルネイ王国のバンダルスリブガワンにあるブルネイ国際空港(BWN)を徹底解説していきます! 皆さんが気になる両替やWiFi、お土産、レストラン、乗り継ぎ、マップ、ラウンジなど実際に行った時の写真を踏まえて詳しく紹介していきます! 目次 1. ブルネイ国際空港(BWN)ってどんな所? 場所は? 日本から直行便はある? そもそもブルネイって? 2. 出発ロビーは …

誤情報に注意!シンガポールチャンギ空港で機内に水は持ち込めます!

誤情報に注意!シンガポールチャンギ空港で機内に水は持ち込めます! シンガポール在住だった私は、年間50回ほどチャンギ空港を利用してました。 今でも、年間10回以上はチャンギ空港を利用します。 そして、よくシンガポールチャンギ空港では、機内に水を持ち込めない。と書いている情報を見かけますが、 これは誤情報です。 結論からいうとシンガポールチャンギ空港で機内に水 …

【2020年】 北京国際空港のWiFiの繋ぎ方 使い方やスマホの操作方法

今回は、北京国際空港のWiFiの繋ぎ方についてご紹介していきます。北京国際空港でWiFiに繋ぐには空港に設置されている専用の機械でパスワードを発行する必要があります。その方法について年間50フライト以上する旅のプロが実際の様子と共に誰にでも分かりやすくご紹介していきます! 目次 1. 簡単な接続方法の紹介 2. 詳しい手順の説明 機械って何?どこにあるの? …

チャンギ空港にある巨大滑り台 The Slide @ T3

チャンギ空港にある巨大滑り台 The Slide @ T3 のご紹介です。 シンガポールの玄関口であるチャンギ空港! 東南アジアのハブ空港としてその名をとどろかせていますが、先日発表されたSKYTRAX社が実施する 2018年国際空港評価「The World’s Best Airports」で6年連続トップと、世界一の空港として君臨しています。 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール
とも
旅をこよなく愛し、自由に生きる29歳です。
高校でイギリス、大学でカナダに留学→借金を背負わされ長期留学が頓挫→ソフトウェア会社に就職→26歳シンガポール移住→ソフトウェア・プロダクトデザイナーの傍ら年間60フライト以上で旅行中。現在は東京に拠点を移し「海外旅行お役立ち情報 と 旅の記録」を中心に情報発信しています。
2020年は半月に及ぶギリシャ周遊とアメリカ大陸横断を昨今の情勢から中止し国内で奮闘中。

カテゴリメニュー

カテゴリメニュー

タグ

タグ

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちらをご確認ください。
※サイトセキュリティ向上のためにお問い合わせフォームは設置しておりません。お問い合わせは、サイト運営者のメールアドレスまでお寄せください。