~海外旅行お役立ち情報と旅の記録~

自由に生きる旅好き29歳が、旅の模様や世界の旅行情報をお届けします。皆さんにもっと気軽に安心して旅行に行って貰えるように情報発信しているサイトです!

フライトレビュー

【2019年新春】バリ旅行記 1日目 シンガポール航空 SQ942 B787-10

   

【2019年新春】バリ旅行記 1日目 シンガポール航空 SQ942 B787-10

2019年正月にシンガポールからバリに行った旅行記です。
今回は、行きのフライトシンガポール発デンパサール行 SQ942は、話題のボーイングの最新機B787-10でしたので、普段は東南アジアを中心に生活している私からみた機内の様子や空港での模様をご紹介していきます!

目次

1.旅程・日程
2.1日目 最新機 B787-10でシンガポールからバリまで
3.1日目 FINNSビーチクラブでのカウントダウンイベント
4.2日目 バリで最もアツいクラブSky GardenでSteve Aokiの単独イベント
5.【2019年新春】バリ旅行記の他のシリーズ

1.旅程・日程

まず、どのような旅程だったかをご紹介します。
出発は、自宅のあるシンガポールからになります。

日程 2019年新春
1日目
2018/12/31
✈シンガポールからバリ(シンガポール航空 SQ942 B787-10)
FINNSビーチクラブでカウントダウンイベント
2日目
2019/1/1
バリで最もアツいクラブSky GardenでSteve Aokiの単独イベント
3日目
2019/1/2
✈バリからシンガポール(シンガポール航空 939)

2.1日目 最新機 B787-10でシンガポールからバリまで

自宅のあるシンガポールからバリのデンパサール空港までは、シンガポール航空を使いました。
スターアライアンスゴールドなので、スターアライアンス系のシンガポール航空はよく使います。

今回搭乗するSQ942は、チャンギ空港の第2ターミナルから出発です。
2泊3日の近距離旅行なので、預け手荷物も無く、自動チェックイン機で搭乗券を発券したらそのまま出国へ向かいます。

シンガポールの出入国は完全自動化されているので、非常にスムーズで列に並ぶことはありません。
シンガポールのビザを持っていない方は、入国時は自動ではありませんが、出国は自動でできます。

パパっと主国を済ませて、ゲートに向かいます。
空港に着いたのが出発の1時間程前だっだので、ラウンジは利用せず直接ゲートに向かいます。
ゲートは第2ターミナルで最も遠いE8ゲートで、出国から10分かかります。

保安検査を終え、ゲートに到着です。

シンガポールのチャンギ空港は、保安検査場が各ゲートにあるタイプの空港です。
これは羽田や成田と違う構造です。なので、飲み物はこの保安検査場を通過できませんので注意が必要です。
しかし、保安検査場から先に冷水器と給湯器があるので、機内に水や赤ちゃん用のミルクなどは持ち込めます。
詳しくはこちらの記事にまとめているのでこちらをご覧ください。

誤情報に注意!シンガポールチャンギ空港で機内に水は持ち込めます!

シンガポール在住だった私は、年間50回ほどチャンギ空港を利用してました。今でも、年間10回以上はチャンギ空港を利用します。そして、よくシンガポールチャンギ空港では、機内に水を持ち込めない。と書いている情報を見かけますが、これは誤情報です。結論からいうとシンガポールチャンギ空港で機内に水は持ち込めます!今回はその持ち込み方をちゃんと説明していきます。…

では、時間が来たのでいざ、搭乗です。

私は、ANAのプラチナメンバーで、スターアライアンスゴールドメンバーにあたるので、優先搭乗が使えます。
海外旅行が多いとやはりスターアライアンスゴールドメンバーの効力は最強だと思います。
手荷物の長蛇の列に並ばなくて良かったり、ラウンジが使えたり、優先搭乗できたり、手荷物が早く受取れたりと非常に便利です。
余談ですが、2019年はANAダイヤモンドメンバーを目指してるので、取得できたらこのブログで改めて報告したいと思います。

正直搭乗するまで、B787-10であるということは知りませんでしたが、搭乗してすぐにB787-10であることに気づきました。
明らかに綺麗なのと、シートの色が新しかったからです。

新しいということもありますが、非常に清潔感がありました。
正直、シンガポール航空のA320はハズレで、清潔感がどこかしらありませんし、機内設備もモニタが古くて小さかったりと非常に残念です。

しかしB787-10はそんなことはなく、さすが世界一の航空会社なだけあるといった感じです。

席に座ってまず感じるので、前後のシート間の幅が広く感じることです。

なぜ広く感じるか色々見ていると、どうやら足置きがありません。その分、足元のスペースを確保することで前後のシート間の幅を広く感じるのだと思います。
確かに私も年間50フライト以上飛行機に乗りますが、エコノミーで足置きを使ったことが無いかもしれません。笑

座ってみると、程よく硬くクッション性のあるシートです。
座ってクッションの下の金属部分を感じることなく、中身の詰まった高反発に近いクッションのシートです。
これなら、長時間座っていてもお尻は痛くなりにくそうです。

そしてよく見ると前の座席の下部分にAC110Vのコンセントがありました。
日本のコンセントも利用できるタイプでビジネスマンのパソコン利用には重宝しそうです。

肝心のモニタはというと、11インチの静電式タッチモニタです。
そしてポイントは、モニタを操作するリモコンがないというところです。
シンガポール航空の機内エンターテインメントのUIは非常に良く、これは私もリモコンリモコンを使ってきませんでした。
なので、確かになくても問題ないなと思います。

ご覧いただいてわかる通り、モニタ周辺には、読書党スイッチ、パスコール(CAさんを呼ぶボタン)、充電用USB、カップホルダーが備わっています。

ここまでご紹介してきて思うのは、機能性を担保したまま無駄を排除し、より快適な機内になっていると非常に思います。

機内誌などは他の機材と変わらず、機内免税品販売のKrisShopや安全のしおりなどが入ってます。

シンガポール航空は、ANAに比べ圧倒的に機内の映画数が多いのが非常に特徴的です。
東南アジア内での移動はせいぜい3時間から4時間程度なので、北米便みたいに何本も観ることができませんが、いつも違う映画やドラマを観ることができ、非常に楽しみになってます。

今回は、公開直後だったヴェノムを観てバリまでのフライトを楽しみました。

5.【2019年新春】バリ旅行記の他のシリーズ

こうご期待ください!

-フライトレビュー
-

関連記事

2018年ガルーダインドネシア 無料の機内WiFiスマホからの繋ぎ方

2018年ガルーダインドネシア 機内WiFiスマホからの繋ぎ方 2018年の最新情報です。ガルーダインドネシアでの無料の機内WiFiへの繋ぎ方をご紹介します。 シンガポール在住なので東南アジアの移動で飛行機を使うことが多く、ガルーダインドネシアにも頻繁に搭乗するので、今回は東南アジアでメジャーな航空会社、ガルーダインドネシアへの機内WiFiで、無料インターネ …

2018年 ガールダインドネシア航空 シンガポール→ジャカルタのフライトレビュー

ガールダインドネシア航空 Penerbangan Garuda Indonesia インドネシア国営の航空会社にして、ANA同様にザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズの認定も受けているガールダインドネシア航空 日本へも就航していますが、今回は本場インドネシアでの国際線と国内線での模様をお伝えしていきます。 搭乗は2018年5月シンガポール発ジャカルタ …

エアプサンを徹底解説!評判は?チェックインや預け荷物は?機内食は?

今回は韓国の激安LCC エアプサン について解説していきます!成田と釜山が片道4000円以下というエアプサンですが、評判が気になる所です。他にもチェックインや預け荷物、機内食など気になること多いと思います!そんなエアプサンについて年間60フライトする旅のプロが実際に乗ってみた様子を踏まえて徹底解説していきます! 目次 1. エアプサンの基本情報 概要 歴史 …

マン・ヤダナポン航空の搭乗記 チェックイン・荷物・機内食・評判は?

ミャンマー・ヤンゴン空港からバガン空港に就航しているLCC格安航空会社のマン・ヤダナポン航空を徹底解説します!チェックイン・荷物・機内食・評判などを、日本からバガン遺跡に行く時に、実際に搭乗したので、その時の動画と写真と一緒に、年間60フライト以上する旅のプロが説明していきます! 目次 1. マン・ヤダナポン航空とは? 1. 基本情報 2. 就航路線 3. …

2018年マリンド・エア (Malindo Air) のレビューと乗ってみて分かったこと

マリンド・エア (Malindo Air) のレビューと乗ってみて分かったこと 東南アジアを中心に就航しているマレーシアの航空会社マリンド・エアに乗ってみました。 LCCと言われていますが、機内でのドリンクサービスやビジネスクラスの設置や預け手荷物が15kgまで無料と、LCCよりも良いサービスを提供しています。 果たして実際に搭乗してみるとどうなのか。 ご紹 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール
とも
旅をこよなく愛し、自由に生きる29歳です。
高校でイギリス、大学でカナダに留学→借金を背負わされ長期留学が頓挫→ソフトウェア会社に就職→26歳シンガポール移住→ソフトウェア・プロダクトデザイナーの傍ら年間60フライト以上で旅行中。現在は東京に拠点を移し「海外旅行お役立ち情報 と 旅の記録」を中心に情報発信しています。
2020年は半月に及ぶギリシャ周遊とアメリカ大陸横断を昨今の情勢から中止し国内で奮闘中。

カテゴリメニュー

カテゴリメニュー

タグ

タグ

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちらをご確認ください。
※サイトセキュリティ向上のためにお問い合わせフォームは設置しておりません。お問い合わせは、サイト運営者のメールアドレスまでお寄せください。