~海外旅行お役立ち情報と旅の記録~

自由に生きる旅好き29歳が、旅の模様や世界の旅行情報をお届けします。皆さんにもっと気軽に安心して旅行に行って貰えるように情報発信しているサイトです!

フライトレビュー

2018年 ガールダインドネシア航空 シンガポール→ジャカルタのフライトレビュー

   

ガールダインドネシア航空 Penerbangan Garuda Indonesia

インドネシア国営の航空会社にして、ANA同様にザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズの認定も受けているガールダインドネシア航空
日本へも就航していますが、今回は本場インドネシアでの国際線と国内線での模様をお伝えしていきます。
搭乗は2018年5月シンガポール発ジャカルタ経由バリのデンパサール国際空港へのフライトです。
ジャカルタ空港での国内線への乗り継ぎや入国審査、発展途上国インドネシアでの不安を少しでも解消していきます。

今回はまず、シンガポールからジャカルタまでのGA825国際線の様子をご紹介していきます。

目次

1.ガールダインドネシア航空とは
2.機内の様子(GA825/A330-200)
3.ジャカルタ空港で国内線への乗り継ぎ
4.ガールダインドネシア航空フライトレビューの他のシリーズ

1.ガールダインドネシア航空とは

ガルーダ・インドネシア航空
Penerbangan Garuda Indonesia

インドネシア政府が運営する国営の航空会社です。同じく東南アジアのシンガポール航空も実質シンガポール政府が運営しており、同様に国営の航空会社です。
インドネシアで最も大きな航空会社となります。ANAも認定を受けているイギリスのスカイトラックス社の航空会社の格付けで実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ」の認定を受けている航空会社です。

本拠地 インドネシア
メイン空港 スカルノハッタ国際空港デンパサール国際空港
親会社 インドネシア共和国政府(国営)
アライアンス スカイチーム
航空会社コード GA/GIA

かつては2007年から2009年には安全性の問題からEUへの乗り入れを禁止されていたり、アメリカ連邦航空局も安全性の問題を指摘していました。
しかし、2009年に再建計画を発表してから飛躍的に成長をした航空会社です。
現在は、日本へも就航しており、ヨーロッパへの長距離便も就航しています。

2.機内の様子(GA825/A330-200)

今回私が搭乗したガルーダ・インドネシア航空は、2018年5月26日GA825便と同日国内線GA410便です。
※国内線GA410便は、別の記事でご紹介しています。

便 GA825便
出発 2018年5月26日10時00分 シンガポール・チャンギ国際空港
到着 2018年5月26日10時50分 インドネシア ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港
時差 シンガポールはジャカルタより1時間進んでいます。シンガポール:UTC+8ジャカルタ:UTC+7
機材 A330-200現在日本の航空会社は導入していません

まずは、シンガポール・チャンギ空港第3ターミナルでチェックインです。
ジャカルタからバリへ同じガルーダインドネシア航空で国内線への乗り継ぎがあることを伝えると、チャンギ空港にてジャカルタからの国内線のチェックインもできました。

預ける手荷物は、同じガルーダインドネシア航空国内線への乗り継ぎの場合、途中のジャカルタ空港で荷物のピックアップは必要無く、目的地のバリ・デンパサール国際空港でのピックアップになるとのことでした。
入国審査は途中のジャカルタで行うことになりますが、税関書類の提出だけで荷物のチェックはバックヤードで代理で行ってくれます。
※詳しくは別の記事で説明しているのでそちらをご確認ください。

チャンギ空港第3ターミナルで、チェックインを済ませると搭乗です。
手伝いが必要な事前改札サービス、ガルーダインドネシア航空やスカイチーム上級会員、ビジネスクラスの優先搭乗に続きエコノミークラスの搭乗です。
東南アジアのフライトでは、飛行機に慣れていない人やマナーの観点から、機内混雑が酷いので最後に登場されることをおすすめします。

機内に登場すると、まずはビジネスクラスがあります。ANAの国内線プレミアムクラスに近いシートです。

続いてエコノミークラスです。
2-4-2座席2通路の8列になります。
A330は、日本の航空会社は導入していないので、日本人に2-4-2座席は少し違和感を感じると思います。

エコノミーの座席は、LCCとは違いちゃんとした国際線のシートといった感じです。
シート幅、シート間隔もANA787のエコノミーと差異を感じないです。
枕は事前配布されていますが、毛布が必要な方は客室乗務員に言う必要があります。

座席モニタは、15インチでA330なので少し古いですが特に問題はありません。

リモコンも一般的なリモコンです。
イヤホンジャックは、2つ穴のステレオタイプでしたので、通常のイヤホンを利用できませんの、ご自身のイヤホンをご利用される場合は、2つ穴から1つ穴へのアダプタをご持参ください。

機内雑誌類は、このように安全のしおり・エンターテイメント情報誌・機内販売誌・機内雑誌がありました。

機内雑誌によると、機内WiFiがあるようです。

しかし、このA330-200機体ではありませんでした。

機体情報を確認すると、A330-200は一部の機体のみ機内WiFiがあるとの記載がありました。B777には全機体あるようです。

機内食は、イエローライスとチキンです。東南アジアの料理が大丈夫な人にはおいしい料理だと思います。私的には比較的おいしかったです。
飲み物は、ビール、赤ワイン、白ワイン、水、ジュース、コーラ、スプライト、コーヒーなど色々あり充実していました。
こういった所がLCCとの違いを感じます。

3.ジャカルタ空港で国内線への乗り継ぎ

ガルーダインドネシア航空は、最近できたジャカルタ空港の第3ターミナルに到着します。

第3ターミナルは基本的にガルーダインドネシア航空専用となっており、2016年にオープンした非常にきれいです。

ここから入国審査を済ませ、国内線に乗り継ぎバリ・デンパサール国際空港へ向かいます。
その模様は、別の記事で紹介してきます。

4.ガールダインドネシア航空フライトレビューの他のシリーズ

2018年 ガールダインドネシア航空 シンガポール→ジャカルタのフライトレビュー ←本記事
2018年ガルーダインドネシア 無料の機内WiFiスマホからの繋ぎ方

-フライトレビュー
-

関連記事

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~4日目ラパスからウユニ到着

【2019年】ウユニ塩湖に行ってみた。~4日目ラパスからウユニ到着 今回は、ついにウユニに到着です!ボリビア サンタクルスを出発し、首都ラパスを経由してウユニに到着までの道中やボリビアーナ航空の様子をご紹介していきます! 2019年4月、ついにボリビアのウユニ塩湖に行ってきました。皆さんも一度は行ってみたいと思う所ではないでしょうか。 しかし、南米ということ …

2018年 SILKAIR シルクエアー 機内でスマホで無料WiFi映画を見る方法

2018年 SILKAIR シルクエアー 機内でスマホで無料WiFi映画を見る方法 2018年の最新情報です。年越しをクアラルンプールでしたため、その時にシンガポールから利用したときの情報です。 SILKAIR シルクエアーの機内で、無料のWiFiを使って、映画を見たり、映画を見たりするSilkAirStudioの利用方法をご紹介します。 SilkAirSt …

マン・ヤダナポン航空の搭乗記 チェックイン・荷物・機内食・評判は?

ミャンマー・ヤンゴン空港からバガン空港に就航しているLCC格安航空会社のマン・ヤダナポン航空を徹底解説します!チェックイン・荷物・機内食・評判などを、日本からバガン遺跡に行く時に、実際に搭乗したので、その時の動画と写真と一緒に、年間60フライト以上する旅のプロが説明していきます! 目次 1. マン・ヤダナポン航空とは? 1. 基本情報 2. 就航路線 3. …

エアプサンを徹底解説!評判は?チェックインや預け荷物は?機内食は?

今回は韓国の激安LCC エアプサン について解説していきます!成田と釜山が片道4000円以下というエアプサンですが、評判が気になる所です。他にもチェックインや預け荷物、機内食など気になること多いと思います!そんなエアプサンについて年間60フライトする旅のプロが実際に乗ってみた様子を踏まえて徹底解説していきます! 目次 1. エアプサンの基本情報 概要 歴史 …

【2019年新春】バリ旅行記 1日目 シンガポール航空 SQ942 B787-10

【2019年新春】バリ旅行記 1日目 シンガポール航空 SQ942 B787-10 2019年正月にシンガポールからバリに行った旅行記です。 今回は、行きのフライトシンガポール発デンパサール行 SQ942は、話題のボーイングの最新機B787-10でしたので、普段は東南アジアを中心に生活している私からみた機内の様子や空港での模様をご紹介していきます! 目次 1 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール
とも
旅をこよなく愛し、自由に生きる29歳です。
高校でイギリス、大学でカナダに留学→借金を背負わされ長期留学が頓挫→ソフトウェア会社に就職→26歳シンガポール移住→ソフトウェア・プロダクトデザイナーの傍ら年間60フライト以上で旅行中。現在は東京に拠点を移し「海外旅行お役立ち情報 と 旅の記録」を中心に情報発信しています。
2020年は半月に及ぶギリシャ周遊とアメリカ大陸横断を昨今の情勢から中止し国内で奮闘中。

カテゴリメニュー

カテゴリメニュー

タグ

タグ

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちらをご確認ください。
※サイトセキュリティ向上のためにお問い合わせフォームは設置しておりません。お問い合わせは、サイト運営者のメールアドレスまでお寄せください。