~海外旅行お役立ち情報と旅の記録~

自由に生きる旅好き29歳が、旅の模様や世界の旅行情報をお届けします。皆さんにもっと気軽に安心して旅行に行って貰えるように情報発信しているサイトです!

〇〇への行き方 , ,

【2018年夏最新バリ島ビーチクラブ】 OMNIA Dayclub Bali に行ってきた

   

OMNIA Dayclub Bali

バリ島の魅力にしっかりとハマってしまい、時間を見つけてはシンガポールからバリ島に行き、
今年(2018年)になって3回もバリ島に行っているTOMOです。
バリ島での楽しみといといえば、おしゃれでインスタ映えするビーチクラブで、
のんびり本を読んだり、シーシャを吸ったりしてチルするのが楽しみの一つです。

バリ島には様々なビーチクラブがあり、Ultraバリが開催されるスミニャックのポテトヘッドビーチクラブ、北クタのFINNSビーチクラブは非常に有名です。
特に私のおすすめはFINNSビーチクラブで、バリ島に行くと毎回訪れています。
FINNSビーチクラブに関する情報は当ブログのこちらに掲載しているので、ぜひご覧ください。
デートにぴったりバリ島で今話題のビーチクラブ FINNS BEACH CLUB

そして今回は2018年2月2日にバリ島にオープンした話題のビーチクラブ「OMNIA Dayclub Bali」に2018年5月末さっそく行ってきました。

※因みに今回夜と昼に2日間いったのですが、バックアップを撮る前にカメラが壊れてしまい、昼の写真がございません。申し訳ございません。
昼の様子は、実際の雰囲気に似ている盛れすぎてない写真を引用させていただいています。

目次

1.OMNIA Dayclub Baliとは
2.OMNIA Dayclub Baliの場所と行き方
3.OMNIA Dayclub Baliのドレスコード
4.OMNIA Dayclub Baliに行ってみて

1.OMNIA Dayclub Baliとは

2018年2月2日にバリ島南端にオープンした、非常におしゃれなデザインをしたビーチクラブです。
オープンイベントには、世界的なDJであるマシュメロ、マーティン・ギャリックスを迎え、2018年バリ島で最も注目されてるビーチクラブです。
公式サイト:OMNIA Dayclub Bali

OMNIA Baliさん(@omniabali)がシェアした投稿


海沿いの丘の上に、バー、レストラン、プール、デイベッドがあり、眺めが壮大な、綺麗で非常におしゃれなビーチクラブです。(ビーチクラブと言っていますが、ビーチはありません。)
正直ビーチクラブといっても色々あり、ザ・クラブといったガンガンに音楽がかかって会話もままならい様なビーチクラブもあれば、程よくノリの良い落ち着いた音楽のかかったビーチクラブなど色々あります。
このOMNIA Dayclub Baliは、後者に分類されるビーチクラブで、大人のビーチクラブといった雰囲気です。
また、系列の「sake no hana 酒の花。」というロンドンにも出店している高級日本料理屋も併設されています。

A dining experience like no other. Sake no Hana Bali is coming soon, bringing authentic and contemporary Japanese cuisine to Uluwatu, Bali.Subscribe to our newsletter:http://bit.ly/2ygRZwO

Sake no Hana Baliさんの投稿 2017年9月16日土曜日

それでも、何かイベントが開催されていたり、週末の夜となるとどうしても大きいボリュームで音楽がかかり、クラブのようになってしまします。
綺麗なバリの海や景色を落ち着いてゆっくりしたい場合は、明るい時間かイベントの無い夜に訪れることをおすすめします。

OMNIA Baliさん(@omniabali)がシェアした投稿

営業時間

・施設全体
毎日 11:00~22:30
・OMNIA Dayclub
毎日 11:00~7:00
・sake no hana 酒の花。
毎日 11:00~22:00
※イベントにより変更される場合があります。

https://omniaclubs.com/bali/faq/より
https://omniaclubs.com/bali/promos/omnia-first-look/より


入場料

入場するだけではかかりません。
その代わりCover Charge席料が掛かります。
イベントが開催される時は、イベントの入場料が必要になります。

https://omniaclubs.com/bali/faq/より


年齢制限

21歳未満は、入場できません。
エントランスで、パスポートの年齢確認があるので忘れず必ず持っていきましょう。
日本でクラブに入場できても、20歳の方は入場できないので注意してください。
また、昼であっても家族連れの入場もできないので、注意してください。

https://omniaclubs.com/bali/faq/より


予約

デイベッドやソファー、キャビン(小屋で囲われてるようなもの)は、予約必須です。
非常に人気なので、1日ゆっくりする場合は必ず予約した方が良いそうです。
以下にメールするか、サイト上(こちら)右上「RESERVATION」フォームから予約する形になります。
Email: reservations@omniabali.com

https://omniaclubs.com/bali/faq/より


タオルの貸出

デイベッドやソファー、キャビン(おしゃれな小屋)を利用すると無料で貸し出してくれます。

https://omniaclubs.com/bali/faq/より


ロッカー

ありません。自己管理しましょう。

https://omniaclubs.com/bali/faq/より


更衣室&シャワー

VIPカバナかVIPバンガローを利用した方には専用の更衣室とシャワーがあります。
その他の方は、屋外シャワーとトイレのみで、更衣室は用意されていません。

https://omniaclubs.com/bali/faq/より

こちらがVIPカバナです。

OMNIA Baliさん(@omniabali)がシェアした投稿

2.OMNIA Dayclub Baliの場所と行き方

OMNIA Dayclub Baliの行き方

OMNIA Dayclub Baliは、バリ島の南端に位置しており、森の中を抜けた先にあります。

バリ島の中心街であるクタやスミニャック、空港のあるデンパサールからは歩いたり公共交通機関では行くことができないので注意してください。
基本的には、タクシーかホテルなどのチャーター車、Grabで行くことになります。
距離があるので、バイクタクシーはおすすめしません。

渋滞にもよりますが、クタからは50分、スミニャックからは1時間、デンパサールからは40分ほどかかります。

日本人に人気のアヤナリゾートからは30分程です。

タクシーやGrabを利用する際の注意点

前述の通りバリ島南端に位置しており、距離があります。
また、周辺にはOMNIA以外は何もないので、タクシーやGrabのドライバーは嫌がる場合があります。
断られるだけならいいですが、ドライバーが戻ってくるのに割増代金を求めてくることがあるので注意が必要です!

特にGrabを呼ぶ場合、今回実際が言われたのが「OMNIA周辺はGrabのサポート外だからプラスで200K(約1600円)必要だ。」と言ってきました。
それも1人のドライバーだけでなく2日間で5人のドライバーに言われました。
このように言われた場合は、きっぱりと「だったら他のドライバーを探す」と言ってください。
OMNIA周辺でもGrabはサポートしており、Grab自体もこの様な形での料金の徴収は禁止しています。
私はGrabの料金でOMNIAに行き、GrabでOMNIAからクタまで帰ってきました。
そのドライバーにこの話しをすると、みんな日本人は言えば払うからそういうよ。と言っていました。
バリでは常にぼったくりに注意してください。

帰り

駐車場出口には「トランスポート。トランスポート。」と言っているおじさん達がいるので慣れている方は直接交渉しても良いと思います。
心配な方は、ホテルのトランスポートに帰りの時間に迎えに来てもらうようにお願いしておくか、OMNIA Dayclub Baliの受付に直接ホテルまで帰りたいからタクシーかトランスポートを用意してください。といえば、手配してくれます。
もちろん、Grabでも良いです。

3.OMNIA Baliのドレスコード

特に指定はありません。プライベートパーティーで主催者が指定していない限り気にしないでよいと思います。
男性も女性も、水着にビーチサンダルで問題ありません。
水着でない場合は、男性はTシャツに短パンで問題ありません。
とはいえ、男性はよれよれのTシャツやパッチのような肌着では入場できないので、あくまで大人でおしゃれなビーチクラブだということを意識してください。
色々な国のビーチクラブに行ってきましたが、私の所感として日本人は欧米人に比べて、同じような格好をしていてもダサくだらしなくみえてしまいます。
これは残念ながら現実です。それでエントランスで入場できないことも実際にあります。
おすすめの格好は、男性は水着に色付きのワイシャツ(会社に着ていく様なものは避けましょう)かポロシャツ、女性は水着に薄手のロングドレスがおすすめです。

4.OMNIA Dayclub Baliに行ってみて

OMNIA Dayclub Baliに到着すると、このような入口があります。

併設しているsake no hana 酒の花。も同じ入口になります。

これらの看板の間にエントランスがあり、受付へと通じています。

受付で、OMNIA Dayclub Bali若しくは、sake no hana 酒の花。に来たことを告げ、パスポートを見せると、入場できます。
入場すると、このようなおしゃれな空間に通じます。

この二階部分がsake no hana 酒の花。になっており、OMNIA Dayclub Baliはこの1階を下るようにぬけた先にあります。
ぬけた先の逆方向からみるとこのような感じです。このカゴの様な建物の2階がsake no hana 酒の花。です。

Rieさん(@_arind)がシェアした投稿

このsake no hana 酒の花。の1階を抜けると、OMNIA Dayclub Baliに来ます。

この右手にバーとDJブースがあります。

バーは、上の写真の四角いモニュメントの下にもあります。

OMNIA Baliさん(@omniabali)がシェアした投稿


以下の動画のサムネイル、正面奥がDJブースで、その後ろにトイレがあります。
左側の象徴的なモニュメントの下と、右奥にバーがあり、手前下の黒い屋根の下もプールバーになっています。

OMNIA Baliさん(@omniabali)がシェアした投稿


別角度からみると、手前下が象徴的なモニュメント、右上の黒い屋根がプールバー、左上の大きなカゴの様な建物がsake no hana 酒の花。エントランスが正面上の見切れたところになります。

OMNIA Baliさん(@omniabali)がシェアした投稿

まとめ

セレブな雰囲気で、欧米人にまぎれて南国を味わうには最高の場所です。
難点は、場所が遠い所、価格が高い所です。デイベッドで横になり、ご飯を食べて昼から夕方までお酒を飲んでいると数万円はかかってしまいます。
1杯だけフラッと飲みに行くには正直は遠すぎます。
アヤナリゾートに宿泊して夕方から行くにしても、サンセットは方角的に見えません。
お勧めする人は、ビーチクラブが好きで、昼から日が落ちるくらいまでご飯を食べて、お酒を飲みながら音楽を聞き、読書をしながら日焼けをし、たまにプールに入り、長時間ゆっくりするのが好きな方にはもってこいの場所です。

-〇〇への行き方
-, ,

関連記事
2020年 最新 マーライオンへの行き方 おすすめ編

2020年 最新 マーライオンへの行き方 おすすめ編

2020年 最新 マーライオンへの行き方 おすすめ編 です。 ガイドブックよりも詳しく写真付きでマーライオンへの行き方を紹介しています。 今回は、前回の簡単編に続き、地下を通っていくおすすめ編です。 よく道に迷われるの方は、前回の簡単編をご覧ください。 また、フラトンホテルまでの行き方が分かっている方は、前半部分を読み飛ばし、こちらにジャンプして、ホテルから …

バリ島観光 話題の FINNSビーチクラブ に行ってみた!動画付で徹底解説

バリ島で話題の FINNSビーチクラブ 2016年にできてから増築を繰り返し、今やバリ島で一番大きな人気のビーチクラブです。 私もこれまで10回以上訪れており、お酒、料理、雰囲気など何一つ申し分のない最高のビーチクラブです。 今回は、実際のFINNSビーチクラブの様子を動画付で徹底解説していきます! 目次 1. FINNSってどんなところ? FINNSビーチ …

ラウ・パ・サ・フェスティバル・マーケットへの行き方

ラウ・パ・サ・フェスティバル・マーケットへの行き方 です。 シンガポールでご飯を食べるといえばホーカーズですね! そんなシンガポールのホーカーズの中でも、巨大なホーカーズが ラウ・パ・サ・フェスティバル・マーケットです。 どのガイドブックでも紹介されている有名なホーカーズで、一度は訪れてみる価値があります! しかし、最寄り駅からは少し歩き、地下街を通るので、 …

チャンギ空港にある巨大滑り台 The Slide @ T3

チャンギ空港にある巨大滑り台 The Slide @ T3 のご紹介です。 シンガポールの玄関口であるチャンギ空港! 東南アジアのハブ空港としてその名をとどろかせていますが、先日発表されたSKYTRAX社が実施する 2018年国際空港評価「The World’s Best Airports」で6年連続トップと、世界一の空港として君臨しています。 …

【2020年最新】シンガポールチャンギ空港 巨大な滝 JEWEL への行き方

【2020年最新】シンガポールチャンギ空港 巨大な滝 JEWEL への行き方 2019年4月シンガポールチャンギ空港に新しい観光スポットが誕生しました! それが天井から巨大な円形の滝が流れ落ちるJEWELです。 私はシンガポールに住んでいるので、オープンした4月に早速行ってきたので、 今回はそんな新しいシンガポールの観光スポットへの行き方をご紹介していきます …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール
とも
旅をこよなく愛し、自由に生きる29歳です。
高校でイギリス、大学でカナダに留学→借金を背負わされ長期留学が頓挫→ソフトウェア会社に就職→26歳シンガポール移住→ソフトウェア・プロダクトデザイナーの傍ら年間60フライト以上で旅行中。現在は東京に拠点を移し「海外旅行お役立ち情報 と 旅の記録」を中心に情報発信しています。
2020年は半月に及ぶギリシャ周遊とアメリカ大陸横断を昨今の情勢から中止し国内で奮闘中。

カテゴリメニュー

カテゴリメニュー

タグ

タグ

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちらをご確認ください。
※サイトセキュリティ向上のためにお問い合わせフォームは設置しておりません。お問い合わせは、サイト運営者のメールアドレスまでお寄せください。