~海外旅行お役立ち情報と旅の記録~

自由に生きる旅好き29歳が、旅の模様や世界の旅行情報をお届けします。皆さんにもっと気軽に安心して旅行に行って貰えるように情報発信しているサイトです!

〇〇への行き方

【行き方/写真/ドレスコード】シンガポール ランタン ルーフトップバーへの行き方

   

【行き方/写真/ドレスコード】シンガポール ランタン ルーフトップバーへの行き方

今回は、シンガポールでも人気の大人のレストラン&バーである、フラトンベイホテルシンガポール ランタン ルーフトップバーへの行き方について、ホテル館内の写真付きでご紹介します。フラトンベイホテルシンガポール内が少し複雑なので、ぜひご確認ください。
また、ドレスコードはこちらです。

目次

1.ランタン ルーフトップバーについて
2.最寄り駅までの行き方
3.ラッフルズプレイス駅からフラトンベイホテルまでの行き方
4.フラトンベイホテル内からランタンへの行き方 ←★必見
5.ランタンの雰囲気

1.ランタン ルーフトップバーについて


ランタン ルーフトップバーは、みなさん「ランタン」と呼んでいるシンガポールでとても人気な大人のレストラン&バーです。
マリーナベイサンズの向かいに海を挟んであるフラトンベイホテルシンガポールの屋上にあり、眺めも雰囲気も最高です。

注意が必要なのは、フラトンホテルシンガポールではありません。フラトンベイホテルシンガポールです。
何が違う?と思ったあなた!迷いますよ。
ランタンがあるのはフラトンベイホテルで、「ベイ」がある方です。
「ベイ」が無いフラトンホテルは少し離れたところにあり、マーライオンに行く時に通るホテルです。

デートには最適です。(私は撮影時も含め一人でしかいったことがありませんが、、、)

・ドレスコード

皆さん色々おしゃってますが、男性女性共に短パンTシャツであっても、よれよれ、ドロドロ、悪臭、黄ばんだといったことでなければ、問題ないです。
基本的に、日本人の方で清潔感があれば問題ないです。
私は、デッキシューズ、短パン、襟付き半袖ワイシャツで行きましたが問題なく入店できました。
デニムでも問題ありません。
また、欧米のセレブそうな方は短パン・Tシャツ・ビーサンでした。
ホテルのプールに併設しているので、水着にTシャツとビーサンという人もいます。
とはいえ、おしゃれな大人のレストラン&バーなので、デートでいくならそれなりにおしゃれをすると思うので、常識ある格好であれば気にする必要はないです。

シンガポールは、階級社会ではありませんが他の東南アジアから低所得者を大量に雇っています。
その方々の場合、言い方は悪いですが、上にあげたような方々が多くいらっしゃいます。
そのような方の入店を断るために、ビジネスカジュアルとうたっているということです。
(そもそもドレスコードは、店側の雰囲気にそぐわないお客を排除するためのものなので、おしゃれで雰囲気に合っていれば短パンでもTシャツでも問題ないということです。もちろん入店を断るところもありますが、ランタンは問題ないです。)

・フラトンベイホテルシンガポール ランタン ルーフトップバー

Fullerton Bay Hotel Lantern Rooftop Bar
住所:80 Collyer Quay, 049326, Singapore

・地図

2.最寄り駅までの行き方

マーライオンやクリフォードセンターと同じ、最寄り駅は地下鉄MRTのラッフルズプレイス駅です。
出口は、です。
緑色のイーストウエストラインか、
赤色のノースサウスラインが通ってます。

・駅情報

駅名:Raffles Place Station
路線:MRT East West Line (Green Line)
MRT North South Line (Red Line)
改札口:1箇所のみ

・地図

3.ラッフルズプレイス駅からフラトンベイホテルまでの行き方

大雑把な行き方

改札を出て右に進み、エスカレーターを上がって、地下街を抜けて、Bの出口を目指します。
Bの出口から地上に出たら左に進みビルの間を抜けます。
すると大通りを挟んで向かいに見えてくるので、大通りをビルの渡り廊下を使った渡り到着です。
到着したらホテル内に入り、エレベーターで屋上に向かいます。

詳細な行き方

まず、電車を降りたら改札に向かいます。
ラッフルズプレイス駅は、改札は1箇所なので何も考えずに改札に向かってください。

次に目指すのはの出口です。
改札を出たらに進みます。

右に行くと正面にエスカレーターがあるので、エスカレーターを上ります。

エスカレーターを上がると地下街に出るので、
の出口がある右に進みます。

別角度から見るとこのようになり、こののエスカレーターを上がります。

出口のエスカレーターを上がり、地上に向かいます。

地上に出たら、左に進みます。

20m程進んで、そのまま吹き抜けになっている建物の中に入っていきます。

ここから中に入っていきます。
厳密にいえば左右がビルでここは屋根があるビル間といったイメージでしょうか。

エスカレーターには乗らず、このまま1階を真っすぐ進んでいきます。
左手にスターバックスがあります。

50mくらい進むと左手にバーガーキングがあります。まだ直進です。

また50m程進むと、道にでてひらけてくるので、右側の店に沿ってそのまま右行きます。
右側にはセブンイレブンがあるので、その前を通って進んで行きます。

完全に道にでるので、そのまま右に進みます。
(この写真の2階の黒いガラスの渡り廊下を通って道の反対側に渡ります)

20m程進むと右側にエスカレーターが見えてくるので、このエスカレーターを上がります。

CLIFFORD CENTREというビルのエスカレーターを上がります。

エスカレーターを上がると、すぐに左にUターンします。

Uターンしたら突き当りを右に進み、渡り廊下にいきます。

渡り廊下の入口は左右に進めるようになっていますが、どちらに進んでも問題ありません。
今回は左に進みます。

左の渡り廊下に行こうとすると、すぐに右に折れる形でガラス扉があるので中に入ります。

そのまま渡り切ります。

渡り切るとガラス扉があるので、そこを出るとすぐに下りる階段があります。

階段までくると、ランタンがあるフラトンベイホテルが目の前にあります。
緑の星印が正面玄関で、赤の星印がランタンに続く入口です。
※「ベイ」が無い、フラトンホテルではないので注意です!

4.フラトンベイホテル内からランタンへの行き方

赤の星印の入口を入ります。

入口を入ると右に、ホテルのフロントに進みます。

フロント前を左奥へと進みます。
このフロントは素通りして問題ありません。

フロントの左奥に進むと、右側にエレベーターがあるのでこのエレベーターで、屋上に行きます。
エレベーターに客室のカードキーをかざさないとボタンを押せないという情報もありますが、
必要なく普通に屋上のボタンを押せました。

屋上に到着すると、写真の様に正面にプール、奥にランタンがあります。
ランタンの受付はエレベーターを降りて直ぐ右にあるので、ここで受付します。
※写真は、帰り際に撮ったので日が暮れてます。

5.ランタンの雰囲気

こちら私が行ったときに撮影したランタンの動画です。
雰囲気が分かるかと思います。



-〇〇への行き方
-

関連記事

ラウ・パ・サ・フェスティバル・マーケットへの行き方

ラウ・パ・サ・フェスティバル・マーケットへの行き方 です。 シンガポールでご飯を食べるといえばホーカーズですね! そんなシンガポールのホーカーズの中でも、巨大なホーカーズが ラウ・パ・サ・フェスティバル・マーケットです。 どのガイドブックでも紹介されている有名なホーカーズで、一度は訪れてみる価値があります! しかし、最寄り駅からは少し歩き、地下街を通るので、 …

2020年 韓国/釜山 海東龍宮寺(ヨングンサ)の行き方は?トイレ事情は?

韓国の釜山にある 海東龍宮寺(ヨングンサ)の行き方 です。 2020年の最新の行き方です。 龍宮寺には、釜山市内から地下鉄、バスを乗り継いで行く必要があるので、難しくて不安と思われる方もいると思いますが、分かりやすく実際に現地の写真を交えて誰でも簡単に迷わず行けるようにご紹介していきます。また、特に女性は気になるトイレ事情も解説していきます! 目次 1. 龍 …

2020年 最新 マーライオンへの行き方 おすすめ編

2020年 最新 マーライオンへの行き方 おすすめ編

2020年 最新 マーライオンへの行き方 おすすめ編 です。 ガイドブックよりも詳しく写真付きでマーライオンへの行き方を紹介しています。 今回は、前回の簡単編に続き、地下を通っていくおすすめ編です。 よく道に迷われるの方は、前回の簡単編をご覧ください。 また、フラトンホテルまでの行き方が分かっている方は、前半部分を読み飛ばし、こちらにジャンプして、ホテルから …

2018年 シンガポール ハウパーヴィラ (Haw Par Villa) の行き方

2018年 シンガポール ハウパーヴィラ (Haw Par Villa) の行き方 【!注意!】 2018年12月1日~2019年2月28日までは、改修工事のため閉園しています。 中に入れないので注意してください。 シンガポールには、日本ではなかなか目にすることができない超シュールなハウパーヴィラという公園があります。ここには、変で奇抜なちょっと気持ち悪い置 …

【2018年夏最新バリ島ビーチクラブ】 OMNIA Dayclub Bali に行ってきた

OMNIA Dayclub Bali バリ島の魅力にしっかりとハマってしまい、時間を見つけてはシンガポールからバリ島に行き、 今年(2018年)になって3回もバリ島に行っているTOMOです。 バリ島での楽しみといといえば、おしゃれでインスタ映えするビーチクラブで、 のんびり本を読んだり、シーシャを吸ったりしてチルするのが楽しみの一つです。 バリ島には様々なビ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール
とも
旅をこよなく愛し、自由に生きる29歳です。
高校でイギリス、大学でカナダに留学→借金を背負わされ長期留学が頓挫→ソフトウェア会社に就職→26歳シンガポール移住→ソフトウェア・プロダクトデザイナーの傍ら年間60フライト以上で旅行中。現在は東京に拠点を移し「海外旅行お役立ち情報 と 旅の記録」を中心に情報発信しています。
2020年は半月に及ぶギリシャ周遊とアメリカ大陸横断を昨今の情勢から中止し国内で奮闘中。

カテゴリメニュー

カテゴリメニュー

タグ

タグ

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
プライバシーポリシーはこちらをご確認ください。
※サイトセキュリティ向上のためにお問い合わせフォームは設置しておりません。お問い合わせは、サイト運営者のメールアドレスまでお寄せください。